テキトーエレガンス

テキトーでも人生うまくいく!

小さなコミットとホラ吹き習慣であなたの願いはもっと叶う!

f:id:Bliss_Blink:20180918225721j:plain

願望は時に残酷です。

「あの人みたいになりたいな〜」

「もっとステップアップしたい!」

「お金持ちになれたらいいのに・・」

私たちは今までに一度は大きな願望を心に抱いて夢見たもの。

きっと夢は叶う。そう信じてきたものの、過半数はいつまで経っても夢は叶わないまま、

今年も初詣で「お金持ちになれますように!」「結婚できますように!」と去年と同じことを願っている。

しかしその夢が大きければ大きいほどずっと夢のままで終わってしまうのが世の常です。

でもその一方、自分のなりたい姿、やりたいことを包み隠さず人に言う人がいます。

そういう人を見ていると、望み通りになっていて驚かされることがあります。

いつまでも願いが叶わずうじうじしている人と、

ああなりたい!と言いながらスイスイ願いを叶えている人。二人は何が違うんでしょうか。

なりたい!と感じたものを周りにコミットメント(宣言)しているはずです。

www.tekitou-bliss.com

小さなホラ吹きで夢はもっと現実味を帯びてくる

指をくわえて夢を見ているくらいならばいっそのことその夢を叶えちゃいましょう。

私はよく、ホラを吹きます。

え〜感じ悪っ!!とドン引きしたらごめんなさい。

でも決して人を傷つける嘘ではなく「良い」嘘をつきます。

あたかも自分が望み通りの姿になっているかのように振る舞うんです。

あの仕事に就きたいなと考えていたとしたら、ポロっと今度あの仕事に就くんだ〜と周りに軽く言ってみるとか、

あそこに住みたいなと思ったら「あの街に住みたい」とか「あの街に住む!」と人前で決意したり。

嘘が苦手な人にはかなり抵抗あるかもしれません。

まして嘘を言いふらすなんて恥ずかしいと素直に感じたはずです。

しかし、「噓から出たまこと」と言ったように、言っているうちに現実が嘘に合わせてくるんです。これは私も幾度となく経験してきました。

www.tekitou-bliss.com

叶えたいことを言葉にするとことは夢の近道

叶えたい願望を叶ったものとして人になんて言えない。

ほとんどの人がそう思ってしまうのですがこれには単純すぎる理由が一つ。

叶えたい願望 = 叶わないと思っているから!

以上!

「言いふらして叶わなかったら恥ずかしいから内緒にしておこっと。」

「そもそもただの「夢」だから叶わなくったって別に・・」

何だかんだ言って、心の底からまだ叶うわけないと信じている。

そうやっていつまでも後生大事に心の中でしまっているから「夢」のまま実現することがないんです。

そんなもの大事にしまっておいても腐るだけ。

本気で実現して欲しかったらその大事に抱えているモヤッとした形のない夢を一旦外に放り出して「形」にしましょう。「形」にするには、もう叶っているつもりでコミット(宣言)すること。

「私はこうなる!」

「私はこうする!」

なりたい姿をコミット(宣言)することで宇宙がその意識を叶えようと、全力で追いつこうと働いてくれます。

「こうなる!」と言っているうちに、いつの間にか現実がその宣言した内容に追いついてきます。

つまり言っているうちに叶っちゃうということ!

あなたの周りにこんな人いませんか?

「私〇〇になりたい!」と冗談で言っているのかと思ったら、いつの間にか本当にそちらの道へ歩き出した人。

あなたの叶えたいことは何ですか?

ちなみにコミットする方法として、「書く」と言う方法も昔から使われていた方法ですね。

先人は「書けば叶う」と知っていたんですね。

www.tekitou-bliss.com

コミットすることで思わぬ助っ人が入ることも!?

f:id:Bliss_Blink:20180922081845j:plain

周りに宣言することで、宇宙は思わぬ近道をあなたの前に出現させてくれることがあります。

それはズバリ人。つまり「ご縁」です。

「パティシエになるためにフランスに留学したい」と言っていたら、偶然、フランスへ留学経験のある人と知り合いになって留学に感するアレコレを教えてもらえたり、

またある時は、友人がパティシエ留学した人を知っているからとその人を紹介してくれたり。

コミット(宣言)すると不思議とその夢に関連した「ご縁」が人づて回ってくることがあるんです。

誰かが「こうなりたい」と宣言していたら邪魔してくる人がいるんじゃないの!?なんて心配する人もいるかもしれません。

まして実力主義の世界にいるような人は周りはライバルだらけ。「こうなりたい」なんて言いふらしていたら足を引っ張られるんじゃないかと危惧する人もいるかもしれません。

一つ間違えていけないのは周りは関係ないことを意識してください。

コミットとは、あなたのなりたい姿、やりたいことを周りの人に宣言するというよりはむしろ、あなた自身、現実を動かしているあなたに宣言するんだと強い意志を持つこと。

コミットとは「私はこうなる」と強く自覚し確信することに大きな意味があります。

あなたが未来を決めれば宇宙が力を貸してくれて、やがて現実が動き出す。

そのためにあなたが決意をすること。

そのためのコミットだということをちょっと意識してください。

ちなみに私の場合、宇宙に向かって「こうなる!これやりたい!」と宣言します。

不思議なもので、今まで足を引っ張ってくる人や邪魔をしてくる人はいませんでした。

強いコミットはそれらのイヤな人を寄せ付けない力が少なからずあるのかもしれませんね。

www.tekitou-bliss.com

小さならホラにこそ大きな効果がアリ!

先ほどの小さなホラ吹きの話しに戻りますが、

普段の生活にこそホラを吹くと現実はいとも簡単に動きます。コレ本当。

試しにやってみるとその絶大な効果に驚くはずです。

↓ちなみに最近あったこと。

「私は幸せな小金持ち」だという事にして「ちょこちょこお金が入ってきてね〜」なんて言いふらしていたら本当にお金に困らなくなりました。

かゆみの出る皮膚湿疹で悩んでいたのですが、湿疹のことを聞かれる度に治ったと嘘をついていたら本当に治っていきました。

片手間に始めた仕事がヒマすぎて閑古鳥が鳴いていた時、「忙しくてしょうがない」とホラを吹いていたら本当に忙しくなって稼ぐことができました。

ね?面白いでしょ?

このくらいだったら誰も傷つけず気兼ねなく(?)ホラ吹けるでしょ?

「こうなりたい!(こうなる)」と言ったもん勝ちです。

今日から夢が実現しちゃった私になって小さい嘘ついてみませんか?

予想外にサプライズな経験をするはずですからやってみる価値はあると思いますよ!

コミット&ホラ吹き習慣始めてみませんか?

言うだけはタダなんですから。

ではでは。

ブランケット症候群(ライナス症候群)をあえて治さない私の流儀!

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

小さい時からいつも手放せない物はありませんか。

それを触ると心の底から安心するので片時も手放せず、小さい頃から持ち続けているせいかボロボロになっていて、

やがてすごい匂いを放つようになっても洗えず、周りからみっともない!とたしなめられようが頑固として持ち続けるー。

そんな小さい頃使っていたボロボロの毛布やブランケット、ぬいぐるみ。

大人になっても手放せないフワフワのものを持ち続ける行為には「ブランケット症候群」と言うれっきとした名前がついていた。

安心毛布(あんしんもうふ、英: security blanket)とは、人が物などに執着している状態を指す。
一般で言う「お気に入り」や「愛着」がこれにあたる。漫画『ピーナッツ』に登場するライナスがいつも肌身離さず毛布を持っていることにより「ライナスの毛布」とも呼ばれる

毛布を肌身離さず持っている「ライナス」↓

あ。私これだ。

実は私、小さい頃肌触りが大好きだった布(正確に言うと母のパジャマの裾)がありました。

パジャマは母の代替品?

その布の正体は当時母が来ていたパジャマだったのですが、片時も離さなかったため、心配した母には幾度となくパジャマを隠されていました。

しかし隠すたびに執念で探し出すという私のパジャマに対する執着っぷりを見た母は、最終的に諦めてハンカチサイズにカットして渡すという苦肉の策に出ます。

しかしそれでも癖を止めさせたかったのでしょう。ある時から切れ端を見なくなったのでどうやらスキをみて母に捨てられたっぽいです。

決心のつかない時に愛着の対象を奪われてしまった私は、まんまと指の癖だけが残り、

大人になった今も疲れた時などに服の裾などを指でコネコネしてしまう癖が抜けずにいます。

これ、なかなか困りもの。

高校生くらいまではよく母に注意されていたのですが、(←そもそもあんたが捨てたからだろがっ!)

私も人前で癖が出ないよう気をつけていてもやっぱり止められないんですよね〜これが。

服の裾をコネコネしている時はとっても安心するので、その「安心感」こそが止められない一つの大きな原因なんだと思います。

思い当たるのが、母がよく口にしていた「愛情不足」という言葉。

・離乳が早かった
・母の愛は手のかかる一つ下の弟に奪われた(と感じた)
・抱き癖がつくからと抱っこされた記憶がない

私が小さかった30数年前、時代背景的に今では考えられないしつけがあったんですよね。その一つが「抱き癖がつく」からと、

どんなに小さい子でもなるべく抱っこをせず歩かせる躾が持てはやされていたりとか。

挙句にうちの母は、私と弟を立て続けに産むとすぐに会社に復帰してしまったせいか、

物心ついた頃には母がわりに母の香りがするパジャマを抱きかかえていました。

その手のプロじゃないので誤解を招くような分析をするつもりはありませんが、

大人になっても止められない癖=ブランケット症候群には愛情不足も一因としてあるのでは〜?と思っています。

かと言って止めることもできないだろうし、止めようとも考えていないのが正直なところ。

だってホッとするんだもの!と声を大にして言いたいからです。

f:id:Bliss_Blink:20180919163644j:plain
▲「ブランケット?わたくしはスマホが手放せませんわ・・はむはむ・・」photo by ぱくたそ

止めなくてもいいんじゃない?

その感覚は安心感の一言では形容しがたい心地よさがあるんです。

例えるなら柔らかい毛布をモフモフしているあの安心感をさらに10倍かけた感じ、いや、猫をナデナデしている時の安心感?・・とにかくもう説明できないほどの心地よさ。

イマドキ風に言うと最高にエモい。

このブランケット症候群は最近よく見かけるようになった新たなワードですね。

れっきとした心理学の

同じ癖を持っている人が意外と多く見受けられて内心嬉しくもありちょっと複雑な心境。(笑)

小さい頃からの癖がいまだにあるなんて恥ずかしいことだと思っていましたし、絶対に人に言えないことだったので、

「ブランケット症候群」の存在を知って長年の謎が一気に解けた瞬間でもありました。

止めるべきか止めざるべきか。

悩むのはココだと思うんですが、個人的には止めなくてオッケー!と思っています。

もし原因が小さい頃の愛情不足だったとしたら、余計に止めないで気のすむまでコネコネ、モフモフしたらいいんですよ。

誰に迷惑をかけるわけでもないし、たとえ人前で癖が出てしまっても、わざわざ目ざとく見つけられて鬼の首を取ったかのように指摘されることはないはず・・。

もう完全に開き直りですが、ずっとブランケット症候群が治らないまま生きていこうと心に決めた9月です。

ではでは。

iMac本体を触ると熱い!ハード系苦手女子が今できる対策について考える

f:id:Bliss_Blink:20180918192711j:plain

我が家のiMacが熱い。いや、ホットだぜ!と言う意味じゃなくて触ると本当に熱い。

ヤバイ。(語彙力なし)

負荷がかかっているのでしょう。

久しぶりにディスプレイ(一体型)の裏を触ったら熱っ!!

原因は分かっています・・。

こんにちは。Bliss⋆* (@Bliss_Blink) | Twitterです。

↓半年前にグラフィックの故障で修理に出したうちの2011年製の(mid)iMac。↓

www.tekitou-bliss.com

何しろハード関係に疎い私。

原因は分かっています。

・Hifh Sierraにした
・Adobe系のソフトを酷使している
・そもそも室内が熱い
・同時に重いソフトを起動している
・ホコリが溜まっている
・・・・

ざっと思い当たるのがこんな感じで、HDDに負荷をかける=熱くなると認識しています。

特にAdobe系の画像ソフトを立ち上がると「おりゃ〜〜////」とエキサイトして熱くなるようです。

もともとこのタイプのボディは構造上熱を持ちやすいので、

ある程度熱くなるのは仕方のないことなのですが、あまりに熱いとちょっと熱暴走してハードが死亡しないかと不安がよぎります。

う〜ん、どうしたものか。

Macが熱い時ままで放っておいても良いものか。


手っ取り早いのはSDDにする!

この辺の本体の熱トラブルを手っ取り早く解決するには、SDDにすることで本体が熱くなるのを解消することができるようです。

一番の熱源となるハードディスクを取り出して外部に設置し、SDD(ソリッドステートドライヴ)として外側から起動させると本体の熱暴走を防ぐことができるようです。

HDDとかSDDとかワケワカランなのに、SDDも意外と高額な代物でして買うのに勇気がいる値段なんですよね。

独断と偏見ですが、女性だったら極力機械にはつぎ込みたくないのがホンネです。

SDD本体価格の2万円ぐらい手元にあったらハードに使うんじゃなくて、

できれば服とか旅行とかエステとか美味しいもの食べたりしたい・・ですよね?

ですよね?(強調)

私のようなハード系に疎い女子は苦手な分野なのですが避けて通れないことでもあります。

一番の解決法。それはやはり新しいiMacを買うことでしょうか。

購入後から7年経ち、少し〜ずつ遅くなってきたうちのMacもいよいよ世代交代を迎えているようです。

買えるようにお金貯めなきゃ。

定期的にキーボードの掃除も欠かせません。

www.tekitou-bliss.com

あなたの変わりたいを妨げる強力な◯◯から脱出すればうまくいく!

引っ越しって、スンゴいめんどくさいのね。

引っ越し日まで残り半月を切りましたが思うように準備って進まないものですね。

私には元来、先延ばしグセがあることに気づいて今愕然としています。

うん、明日から本気出す。

こんにちは。Bliss⋆* (@Bliss_Blink) | Twitterです。

人はみな変わりたいと思っています。

毎日繰り返されるタイクツな生活に忙殺され、今年こそ変わりたい動き出したいと何か始めようとする、

駅ナカの本屋さんで何気なく手に取った自己啓発本を立ち読みしたらちょっと感動しちゃって。

何か変われそうな気がしてレジに走り、まだ読んでもいないのに足取りまで軽くなっちゃって気分はもう「変わった私」気分で家路につく。

二週間後、また同じように「何かいいことないかな〜」「変わりたいな〜」とボヤきながら、

日々の生活に埋もれていく・・。

ドキッとしたらごめんなさい。私を含め大多数の人はこんな生活を送っています。

www.tekitou-bliss.com

でも世の中、変わりたい変わりたいと思いながら惰性で生きている人ばかりです。

あなたが今すぐ変わりたいなら強制的に変えてしまうしかないようです。

コンフォートゾーンにいる限り変わらない

人は普段から慣れている環境の中でストレスを感じずに生活することを好みます。

人それぞれが慣れ親しんで心地いいと感じる環境のことをコンフォートゾーンと言います。

このコンフォートゾーンは誰でも持っていて、あなたが慣れ親しんでいることなので違和感なく快適に過ごすことが出来ます。

周りの環境・・
職場/住んでいる町/住まい/地域(コミュニティ)など
付き合っている人・・
パートナー/職場の同僚/友達/親/兄弟/親族など
あなたが今までに築いてきたものなど・・
趣味/自分のスキル/経験してきたこと/価値観etc

ちょっと不平不満はあるけど、何だかんだ言ってあなたにとって快適で心地よくてラクなコンフォートゾーン。

ここで感の良い方は

当然なるべく人はその快適な環境から離れたくはありません。

だって気持ち良いから。

f:id:Bliss_Blink:20180914211724j:plain
▲コンフォートゾーンは安心・安全!・・知らない外の世界なんて怖いと思ってしまう

あなたが変わりたくても変われない、動き出したくても動けない理由。

それは変わりたくないし動きたくないからなんです。

安全な場所にいながら「変わりたいな〜」と思っているだけ。

変わるためには今いる安全でヌクヌク暖かいところから出て、暑いのか寒いのか分からない未知の世界に踏み出さなければいけません。

何だかんだ言って私たちは傷つきたくないんです。

知らない世界に出るのって怖いし、

未知の世界に飛び出してボコボコに傷ついて「出なきゃよかった」と後悔したくないんです。

あなたの知っている世界であるコンフォートゾーンは安心できて安全で快適な世界。

しかし、一見自由に見えますが見えない根っこがまるで鎖のようにあなたを縛り付け、あなたが外の世界へ出て行くことを阻止しようとします。


「新しいことを始める!?新しい世界は怖いよ?だから今あるスキルにとどめて今の環境にいた方がいいって絶対!」

「付き合う友達を変える!?何言っているの?昔からの友達の方が誰よりもあなたを知っているし、ホラ、みんな集まれば愚痴だって言い合えるし 、いいと思うけどな〜。知らないよ〜?」

何かする度に心の奥底で響くその声はあなた自身の声そのものであり、

進もうとアクセルを踏むあなたに無言で横からブレーキを踏んでくる正体です。

そうだよね。怖いからやめとこ!とまんまとブレーキを聞き入れたあなたは、なんとなくためらってしまう。

今までとは何か違うこと、今までの人生にはなかった新しいことなどを見聞きする度にブレーキがキュッと踏まれる。

それが重なっていくうちに山のようにデンと構えてその場から一歩も動かなくなる。

新しいことが億劫になって、外に出ようとしてもどうせ失敗するからと怖くなる。

だけど心のどこかではまだムクムクと向上心がくすぶっていて、

私このままでいいのかなと悶々と考え出して、変わりたいけど変われない状態に陥っていく。

「なんとなく不完全燃」「動きたいのになぜか先延ばしして動けない」というジレンマでウズウズして・・

www.tekitou-bliss.com

フハハハハ。私もずっとこんな感じでした。

今でこそ、そりゃ変わらないっつーの。と言えますが、

渦中にいるときは自分の姿がよく見えないものです。

変わりたいなら安心ゾーンから出よう

変わりたい。

ならそこから出るしかありません。

ボ〜ッと口を開けてたら食べたい食べ物が放り込まれるなんてことは・・ないに等しい。

私は常々、「宇宙や天が何とかしてくれる」と言っていますが、

何もせずボ〜ッとしていろ、と言っているわけではありません。

天も宇宙も、三年寝太郎のようにゴロゴロしている人よりは、動き出した人に味方をするってもんです。

めんどくさいこと大嫌いでぬるま湯の私は、ずっと暖かくて心地いいぬるま湯の今に安住していました。

ぬるま湯温泉に浸かりながら「こうなりたい!変わりたい!」とハートは熱いまま湯船から一歩も出ない(笑)

「明日こそ動き出さなくちゃ。」そう言ってあと10分だけ、と湯船に顔を埋めていました。

このままじゃいけない。

そう気付いた時には顔にシワが増え始めた頃、ちょっと危機感を覚えた私は思い切った行動を取ります。

例えるならぬるま湯が入っているお風呂の栓を抜いちゃうこと!

強制的に今いる環境や付き合う人なんかを変えちゃうんです。


・会えば愚痴大会になってしまう女友達との付き合いをやめる
・こうなりたいと尊敬できる人(メンター)を見つける
・習い事を初めてみる
・会社を辞める
・引っ越す
・実家を出る
・短期留学をする
・今まで怖いと思ってできなかったことをあえてやってみる
・畑違いの職種に転職してみる


え〜こんなの出来ない!怖い!大変!・・・ですか?

でもこのくらいのアクションを起こさないと人ってなかなか変わりませんよ。

f:id:Bliss_Blink:20180915085504j:plain

ちょっと荒治療ですが、無理やりにでも環境を変えてしまえば変わらざるを得なくなりますから。

ちょっと怖いゾーンにあえて飛び出してみると・・?

コンフォートゾーンについては分かった。でも怖い。どうすればいいの?

自分の知っている世界からいきなりぽ〜んと外に放り出されたら誰でも怖くて固まります。(笑)

そこまで極端ではなく、徐々に軌道を変えていくこんな方法はどうでしょうか。

ちょっと怖いゾーンに飛び出すこと

いつもの世界の反対側じゃなくて、いつもの生活の「ちょっと外側」。←これがポイント。

今の生活水準より良いもの悪いものといったことは一旦忘れます。

いつも使っている駅、行きつけのお店、愛用の物、目にしているもの・・朝起きて夜おやすみ〜と布団に入るまで、

私たちが当たり前にこなすルーティンの「ちょっと外」について考えてみます。

あなたがこうだったら嫌だな〜と感じる 「ちょっと抵抗を感じること」をやってみませんか。


いつもは立ち寄らない高級路線のレストランで奮発する
外食中心だから苦手な自炊をする
使っている路線の駅の隣の駅から乗る
住んでいる町の隣の町に住む
自分とは違うタイプの友だちとご飯を食べる
飲めないけど居酒屋に行く
スケジュールはいつもスマホアプリだけどあえて手帳を使う
帰り道にウィンドウから見えるフラダンス教室をのぞいてみる 子供中心の生活だけど子供を預けて遊びに行く。

f:id:Bliss_Blink:20180916112931j:plain
photo by ぱくたそ

「ええ?それはちょっと・・」と躊躇ちゅうちょするくらいがちょうど良い。

いつもやっていることの外側にあえて出ていつもと違うことをしてみませんか?

いつもと違うことをやってもやらなくても変わらなかった、それならそれであなたの経験値が上がったので良し。

いつもと違うことをやったら意外にも良いことを学べるかもしれません。

最初は「いつもと違うこと」だったのにやがてそれが習慣となってあなたの人生をガラッと変えるきっかけになるかもしれません。

いつも前向きでエネルギッシュで魅力的な人は、いつも「コンフォートゾーン」をあえて突き破っている人です。

自分はこうだと決めつけて「自分はこういう人だからこんなの出来ない。こんなことはしない」と固定しない。

人間関係もとても流動的で決まったグループの中で安住しない。

ここまでとは言いませんが、どうか今の世界が全てだと決めつけずちょっと外側に出ていつもと違うことをしてみませんか?

いつもの世界のちょっと外側に飛び出すと人間は変わる。人生が変わる。そう思っています。

ちょっと一歩だけ。そこから踏み出すだけ。

www.tekitou-bliss.com

引越し一括見積もりしてスゴイ数の営業電話が来たら!着信の嵐にあった時の傾向と対策

こんにちは。Bliss⋆* (@Bliss_Blink) | Twitterです。

引っ越すことになったと昨日の記事でご報告したのですが、引越しするなら業者

引越し業者からのひっきりなしの着信に怯えております・・。

20分に一回かかってきます。怖いです。

ネットで「引越し一括見積もり」は営業電話の格好のターゲットに

家にいながら複数の引越サービスに見積もりが取れて便利なサービス「引越一括見積もり」。

「引っ越し 比較」などのキーワードで検索すると一括見積りができる情報サイトが沢山見受けられます。

ネットで簡単に見積りが取れるなんてラッキー!と飛びつく前に、一つ注意しなければならないことがあります。

一括見積もりをクリックしたが最後、直後から怒涛の営業電話の嵐があることはあまり知られていません。

一度ネットで引越見積もりをしたことがある人なら経験済みかもしれません。(笑)

引越し一括見積りだけでは見積りをもらえない

「一括見積り」とあってもその場でメール一本で「○○○○円になります」と教えてくれる訳ではありません。

営業がお宅に実際に訪問して引越の荷物を目で見て確認してからやっと正式な見積もりが取れるんです。

だから「一括見積り」でお営業が訪問する日を決めるために、「一括見積もり」をクリックしたら最後、直後から10分に一回のレベルでじゃんじゃん電話がなります。

そりゃ引越し業者さんも必死に電話かけてきますよね・・。

一分一秒を争うがごとく、一括見積りをしてくれたお客さんにいち早く電話を掛けていち訪問の約束を取りつけたい。引越しもビジネスなのでそんな意図があるのは分かりますがこちらの都合はお構いなしなところがあります。

f:id:Bliss_Blink:20180904174254j:plain
▲1時間に繰り返しかかってくる営業電話攻撃にたじろぐ。電話番号を載せる時は注意!

仕事中ならば完全に支障をきたすレベルで着信がくることがあるので、時間に余裕があるときに一括見積もりを取りましょう。

また、電話でやりとりはちょっと・・という抵抗がある人は絶対に電話番号を教えないこと!

あなたが記入したメールアドレスにも訪問の約束が送られてくるので、見積りはそちらからも取ることができます。


ネットの【引越し一括見積もり】の営業電話の嵐にあったら!

もし電車の中で営業電話の嵐に会ったら?もし仕事中だったら?

営業電話の嵐に会っても慌てず落ち着いてできる対策を考えてみました。

①着信あっても出ない
②電話に出て「もう決まった」と言う
③着信拒否する

①着信あっても出ない(着拒否)

そもそも出ないという「徹底無視」についてはどうでしょう。

営業電話の押しに弱い方(特に女性)、そもそも電話がどうも苦手という方。

着信を出ないという方法は営業側からしたら「電話での見積もりは拒否しますと」いう最大の意思表示になるのでオススメです。

頼んでもいない営業電話ほど迷惑なものはありませんから。

「着信無視・または拒否」は、ほとぼりが冷めて電話攻撃が止むまで待つしかないという欠点もあります。

よし今日はもう電話攻撃が来ないぞとタカをくくっていたら、次の日真っ昼間から再びジャンジャン電話が掛かって来たなんてことも。

持久戦に持ち込まれる可能性大です。

あちらが根負けするまで徹底無視する覚悟で行きましょう。

②電話に出て「もう決まった」と言う

律儀に全部の電話に出て、好みの業者以外には「もう決まった」と伝えてお引き取り願いましょう。

電話をかけて来るコールセンターの人はお店の「顔」ですので、こちらから丁寧にその必要はないと断れば、ずっと粘られたりすることはないように思います。

オペーレーターも女性が多く丁寧に心がけているのが伝わってくるので、こちらも変に身構える必要もナシ。

でも中には押しに強い(?)やり手オペレーターがいるかも!?

③着信拒否する

しつこい営業電話攻撃は電話帳に入れてサクッと着信拒否しちゃいましょう。

電話営業は要りません!の最大の意思表示です

いちいち電話帳に入れてられるか!という忙しい方は着信履歴から着信拒否ができます。

↓IPhoneならこちらのやり方が分かりやすいかも。

www.softbank.jp

↓↓↓↓↓↓あえて電話番号を載せますが、この辺のフリーダイヤルが幾度となく掛かってきました・・。↓↓↓↓↓↓

0120-072-020
0120-012-580
0120-502-055
0120-141-366
0120-002-626

これらの電話番号は大手引越し業者のサ○イ、ア○ト、ア○さんマークあたりじゃないかと推測していますが、

一括見積もりの時に複数業者のリストが書かれていたのでもっとかもしれません。

結論:一括見積もりに電話番号を入れたらダメ、絶対。

シングルマザーだけど地元を出て都会に行くことにしました。

f:id:Bliss_Blink:20180903104143j:plain

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

9月になり新学期がスタートしました。

大人も夏の疲れがで始めるころ、私も一歩前に踏み出す決意をしまして、今住んでいる緑豊かな片田舎から都心に近い都市部へ引っ越すことにしました。

ちなみに私はシングルマザー、中学校に通う娘が一人いる身です。

片田舎の地元には両親も健在で今までも何かと助けてもらっている身です。

しかも引っ越しに合わせて現在の仕事も辞めるつもりなので、まだ次の仕事は決まっていません!

ですがあえて!

都市部に行こうと決めました。

当然私の友だちや会社の同僚からはそりゃもうすんごい驚かれました。

母子家庭なんてはたから見たら社会的弱者そのものであり(あくまで一般的にですよ)、

子供抱えたまま親元を離れてどこ行くの?と、友達には無謀なことをしているようにしか見えないようです。

別に生半可に決めたわけじゃないんですが、田舎を出ようと思った理由を3つ挙げて見ます。

続きを読む

中学生の部活時間を大幅カットに賛成!ブラック部活ついに終焉か!?

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

「働き方改革」は今まで「聖域」だった学校教育の現場にも波及し、教師も休みを取らせようという取り組みからか、

最近では中学生の部活時間が大幅にカットされているのをご存知ですか。

土日の部活活動時間に至ってはたかだか数時間というゆとりを持った活動になり、土曜日か日曜日のいづれかは完全休業日とするようガイドラインが出来上がったみたいです。

mainichi.jp

運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン:スポーツ庁

むしろ

今さらかよ!とツッコミたくなりますが、

生徒が部活をするということは先生も駆り出されるわけで、

部活を担当する教師は土日祝日を部活動に潰されて休みが十分に取れないという、ブラック企業も真っ青な学校教育界の長時間労働が問題視されていました。

今まで放置されていた教師の長時間労働にやっとテコが入ったのは素晴らしいこと。

娘の通う中学校も例外ではなく、平日土日関係なくみっちり部活で埋まるスケジュールだったのが、この一年でグッと減らされて

むしろそんなに遊んでいて大丈夫なのかと心配したくなるほどのゆとりができました。

これってスゲーことです。

忍耐ありきの精神論で部活が語られていた90年代に10代を過ごした私にとって、今のユルくて自由な部活スタイルは心底うらやましいです。

www.tekitou-bliss.com

部活=辛いと刷り込まれた10代の頃

私も入った部活が超ハードで辛い思いをした身です。

ど田舎の山の学校だったのもあり部活のバリエーションが何と2つしかなく選べる余地もなかったので、私は、その中で一番出来そうな部活を選びました。

それが運の尽き。

私が属していた部活はなまじ強豪校で顧問の先生がその世界ではそこそこ有名な熱血指導者だったのもあり、

24時間365日部活に明け暮れる日々を過ごすことになります・・。

www.tekitou-bliss.com

引退するまでの2年半、毎日のように辞めたくてメソメソ泣いていたくらいで、

毎日課題として出されていた活動日誌に、全然関係のない当時盛り上がっていたJリーグの話を書いて女子サッカー部に入りたいなどと書いてみたりと、静かな抵抗を試みたことがあります。(スルーされ続けましたよね当然 笑)

強制収容所かよ!と今となっては笑い話ですけどね。

そのプチトラウマを払拭できず、いまだに部活という言葉を聞くとなんとも言えないほろ苦い思い出が蘇ってきます。

だからこそ娘が中学生に入って時は、部活動は慎重に選ぶよう口を酸っぱくして「3年間続けられる部活にしなさい」と言い聞かせていました。

しかし娘から返されたのは意外な言葉。

「え?だって今辞めたかったら辞められるよ?」

そんなわけなかろう!と学校からの部活に関する資料を見てみると・・

進級時ごとに続けるか辞めるかのチャンスが与えられるようです。

(もちろん学校の方針によって違うと思いますが)

う〜ん、すごい改革。

我慢しなくていいよ!嫌だったら部活変えちゃえば!?

ということでしょうか。

これはこれで時代の流れと合致しているし、我慢なんて苦痛は好き好んですべきではない。と考える私にとって「嫌なら辞めちゃえ変えちゃえ」はアリだと思っています。

「忍耐!」「根性!」なんてもう時代の産物として「平成」に置いていくべきものなのかも。

最近の部活はさらにまったり進行

つい最近、部活制度が大幅改正されて、部活動が子供の負担にならないようさらに配慮されるかたちとなったようです。

朝練の禁止、土日や祝日の部活の時間制限、 大会や試合の回数制限。

「忍耐・根性」で育った親世代としては、 もっと頑張ってもいいんじゃないの?こんなにゆるくては子どものためにならないんじゃないの?と物足りなさを感じてしまいますが、

私たちの育った時代の部活教育の方がむしろ異常だったんだと考えてください。

指導する先生も祝日返上で部活へ駆り出され、ブラック企業ならぬ「ブラック部活」という呼び名も一気に普及しました。

一人がヘマをすると「連帯責任」という軍隊ばりの謎ルールでいじめに近い行為を受けること。

忍耐だ!根性だ!と精神論を振りかざされ、ついていけない子は足手まといや目の敵にされること、

未成年のうちから上下関係を徹底的に仕込まれ、絶対服従を教え込まれていくこと。

誰かがみんなのためにと、しなくても良い我慢や犠牲を強いられたりすること。

これらの考え方は私たちが当たり前に従ってきた「部活動」によって刷り込まれたりしてきたのではないでしょうか。

やるか・オア・ダイ!

ついこの間の2018年5月、日大のアメフト部の部員が監督やコーチから「相手のクォーターバックを壊してこい」という執拗な指示に逆らえず、試合相手の選手に怪我を追わせてしまうという事件が起こりましたね。

日大アメフト部悪質タックル事件として連日ニュースで取りざたされていて記憶に新しい。

日本大学フェニックス反則タックル問題 - Wikipedia

ネットでは「これが日本社会の縮図だ」なんて言われていたようですが、

成人したばかりとは言え、社会に出ていない学生が大人からのパワハラを受けてしかも罪を咎められることに批判が集中していましたが、

もっと怖いのはじわじわと該当する選手に刷り込まれたマインドコントロールだと思うんです。

監督の力が絶対であると選手達は日常的に教え込まれ、さらには他の選手を囲い込み逃げ道も断つように仕組まれたりと、もうマインドコントロールそのものですよね。

監督の意見に逆らうなんて絶対できないと信じて行動してしまったことこそが、この問題の本当の怖さです。

やるか?(・・さもなくば死だ!)「Do or die!」という歪んだ環境。

その監督の支持を聞かなくてもいい。聞かなくてもたくさんの道が用意されている。

そう示してあげる大人はいなかったのかと。

学校の部活というヴェールに包まれることで明らかなハラスメントが行われていた事実に胸が痛み後味の悪い事件となりました。

ユルくていいじゃない

話が飛びましたが、部活なんてユルくていいんじゃないの〜と思います。

部活の延長でその道のプロになったり実業団に入って本格的に食べていく力を身につけるならともかく、

熱心に部活をしたところで学業に差がつくわけではなく、

アホみたいな先輩後輩の上下関係をこれでもかと習わされるだけです。

(ちなみに娘の所属していた部活では「後輩は先輩の前にひざまずいてスカートの長さが一定の長さを超えていないかチェックされる」なんていう、とんだ時代錯誤のお仕置きプレイがあったようです。お〜こわ!娘にはそんなブラック部活と辞めてよし!と言ったら本当に辞めてくれました。)

10代の若い時に厳しく我慢させる経験をしないと大人になって大変なことになるぞ!とか、

チームワークで何かをやり遂げる経験は貴重だぞ!という声がしそうですが、

何でも自由で多様化にあふれていて、それでいて欲しいもの見たいものはすぐ手に入る今の時代、

耐え忍んで我慢することが必ずしも得に繋がるとは言えませんから。

・・

あ、つまるところ「ユル部活最高」と言いたかっただけです。

あなたのお子さんが部活に入る頃は確実にユルくなっていますから、

あまり目くじらたてて「そんなの部活じゃない!」とか「そんな甘ったれだと将来つとまらないぞ!」とか言わないでやってください。(笑)

ではでは。