テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

イソップ童話「酸っぱいぶどう」に見る投影された自分のホンネ


酸っぱいぶどうはホンネを教えてくれる

「酸っぱいぶどう」というイソップ童話をご存知ですか?

木の上にたわわになったぶどうがあって、そのぶどうが欲しくてたまらないキツネがいました。

キツネはどう頑張ってもそのぶどうを取る事ができず、しまいにはあのブドウは酸っぱいに違いない!

と負け惜しみを言うお話です。


このキツネと同じ事をそこらじゅうで誰かがやっています。

何もしてないのに勝手に夢をあきらめて

「たいした夢じゃなかったし。」

ラクしてうまくいっている人を見て

「どうせ汚いことをしているに違いない。」

せっかくのチャンスを逃して

「多分しょうもない話に決まってるよ。」

あるある。

Blissも幾度となく「酸っぱいことにして」きました。

手に届かない何かを勝手に酸っぱい事にして

溜飲を下げようとする。

そうすれば自尊心も保たれるしプライドも傷つかない。

その下には妬みだったり、自分にはできっこないという恐れだったり、自信のなさだったり、

結局怖いんですよね。

そうやって無下にしてきたチャンスもたくさんあるはず。

そんな事を考えていました。

だからもう、酸っぱいことにするのは止めよう。


酸っぱいぶどうに隠れている自分のやりたいこと

何かうらやましいと感じるものを見て

取れない言い訳をいいそうになったら立ち止まってみよう。

欲しいけど手が届かないと「思い込んで」いるものだから、

直訳すればそれは自分がなりたいもの。自分がこうでありたいと思うもの。欲しいもの。

逆手に取ると

すっぱいぶどう=チャンスなんです。

ふむふむ。使える。

勝手にあの手に届かないぶどうは酸っぱいと思うのを止めて、

「私はあのぶどうが欲しいのだけど取るのが怖いんだ」という本心に気づいてみよう。

実は私にも取れるかもしれないと思ってみよう。

そこに思わぬブレークスルーがあるかもしれない。


そのぶどうは酸っぱくありませんよ

今日はハロウィンですが、渋谷やバーではしゃぐパーリーピーポー(パリピ)を

しょうもないスイーツめ!と斜に構えて批判的でした。

本心はパリピの楽しそうにはしゃぐ様子がうらやましかったんだと思います。

もう大人だし。年だし。子持ちだし。と勝手にイジけて

キツネのようにパリピはスイーツだ!と決めつけていたんですね。

アホですね。

変に制限をもうけて自分に禁止する必要はないんです。

好きにやったら良い。

最近ではそう思えるようになりました。

よし、来年のハロウィンは娘とコスプレしてはしゃぐぞ。


いつも読んで下さってありがとうございます。