テキトーエレガンス

テキトーでも人生うまくいく!

安くて優秀なボールペンの二大巨頭ZEBRA「ブレン」とPILOT「Opt」を対決させてみた。


ブレンveオプト

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

年間市場はおおよそ4,500億円とも言われる右肩上がりの文房具の世界。

消費者には店頭にいつも趣向を凝らした新商品が並んでいるイメージがあります。

文房具にこだわっちゃう派の私は、アレコレ試すよりも気に入ったブランドを使い続けるタイプなのですが、

今回店頭で見て食指が動きまくったのがこのゼブラの新商品ボールペンでした。

その名も【bLen】ブレン。

公式HPによると、ブレンは人が書く動作をする際に発生するわずかな振動に着目し、軸に工夫をしたことでブレずにスラスラ書ける画期的なボールペンであり、さらにはブレを抑えた形状にすることで長時間書いても手が疲れないとのこと。

店頭のお試し書きコーナーで試してみたところ、腕と指先とペンが一体となったような錯覚を覚えるような書きやすさにビビッと電撃が走りました。

コレはイケる!!

しかも1本150円という衝撃の安さもあって買わない理由はない。

しかし私は普段から愛用している「Opt/オプト」というボールペンがあり、正直ためらいもなく新たなペンに乗り換えてしまうのもどうかと思ったので、どちらがより優れているか比べて勝者を私のアシスタントに任命することにしました。(※ただのボールペンです)

ここからは独断と偏見に基づいてどちらがボールペンの王者となるのか対決させてみました。

用意したもの

 ✔︎  私の手!
 ✔︎  ボールペン:ゼブラ/ブレン(bLen)
 ✔︎  ボールペン:パイロット/オプト(Opt)

用意したもの

対決方法は簡単。

紙に書くだけ!

書き心地は良いのはどっち?スラスラ書けるのはどっち?

いざ勝負!

安定して疲れないのはどっち?

ペン先が重くなっていて手元が細かくブレない構造になっているペンってブレン以外にも結構あるんですよね~。

私が普段使っているパイロットの【Opt/オプト】も文鎮のような程よ〜い重さによって手元を安定させスラスラ書ける良いペンです。(文鎮は言いすぎたけど)

ブレン

重量ですがブレンは少~しだけ軽い(12.3g)。双方とも書きごこちの良さを売りにしているだけあって適度な重さで紙と手の接地面がピタッとフィットして安定しています・・ううん😓甲乙つけがたい・・。

ブレン

オプト

しかし、そこはブレないことをコンセプトにしているブレン。ペンの上部まで重さを感じるおかげで全体的に安定感があり確かに字がブレない。

子供や犬猫を抱っこする時を思い出してください。

子供がしっかりつかまってくれると安定して抱っこできるのですが、つかまってくれないと重心が下がってフラフラしちゃうんですね〜。

それと同じようにまるでペンが手に寄り添ってくれて一体化することでペン先の「ブレ」がなくなってスラスラ描きやすくなるのではないでしょうか。(ドヤっ!)

一方、オプトはだいぶ下の方に重心を感じるので、女性の手では長時間の筆記は疲れると思います。

ペンを持つところ(グリップ部分)はブレンの方が長めでした。

ブレン

安定して持ちやすく疲れないのは『ブレン』

スラスラ書けるのはどっち?

さてここからはスラスラ対決!

ブレンはブレずにスラスラ書けることをウリにしているのでこれは期待大です。

比較的滑らかで凸凹の少ないA4コピー紙にペンを走らせてみます。スラスラ〜・・あれ?

ブレン

お気付きかと思いますがブレンはとにかくインクの出が不安定になる時があり、インクの「溜まり」があるように感じます。

これは手帳などのツルツルの紙の上でも同じような筆跡になり、インクが乾いていないままペンを動かすとインクが糸を引いたように汚れてガッカリ😭。

ゼブラ独自の水分を含んだ「エマルジョンインク」にどうやら理由があるのかも・・

インク溜まりが続いたかと思えば本来のボールペンに戻って(?)なんなく書けたりするんですけどね。

私のペンの持ち方が悪いのかと持ち方を変えたりペンの角度を変えたりして試行錯誤してみたのですが、特に書きはじめの頃にインク溜まりが出やすい傾向あるみたいです。あくまで仮説ですが・・

↓では今度はオプトで書いてみました。

オプト

こちらはもう完全に油性ポールペンの特性そのものでインク量も安定していて滑らかに書けますが、さっとメモしたい時など筆記速度はブレンに劣る感じ。

オプトのペン先が紙の引っ掛かりをとらえてわずかな抵抗感を感じます。それを「書きごたえ」ととらえて良しとする人もいるので好みでしょうか。

う〜ん、好みによりますが単純にスラスラ=ペンの走りの良さと考えるとブレンに軍配が上がりそうです。

字がキレイに書けたのは『オプト』

字がキレイに書けるのはどっち?

いよいよ最終決戦です。

字がキレイに書けるのはどっちか。

ボールペンなんてどれも一緒と思われがちですがそんなことはありません。

元来字がキレイな人ならいざ知らず、私のようなミミズが這っているのか象形文字なのか分からない文字を書く人には軸の太さや重さ、正しいペンの持ち方によって大分見た目が変わってきます。

つまり字が下手な人こそボールペンにこだわって欲しい!

ボールペンの適度な補正能力(そんなのあるのか知りませんが)によって字がブレなくなり本当に字がキレイに書けるようになるのです。

今のところ2連勝中のブレンは「指からペン先に発生するブレ」の研究を重ねブレを抑えるペン=ブレンの実現に至ったとのことで本気さが伝わってきます。

・・が。

私にはブレンは少し走りすぎる気がします。

ブレン
▲ブレンの方は滑りが強く字が崩れやすい。(元から字が汚いのは無視してください 💧)


アクセル踏んだら思いのほか一気にグンと加速しちゃう感じ。

オプトは紙の引っ掛かりがある分、ゆっくりアクセルを踏んで進み出してくれる感じで心なしか字もゆっくりキレイに書けました。

ペン先の走りが良くスラスラ書けるのは『ブレン』


・・でどっちが良かったの!?

A:ブレン=長い時間たくさん書くor速記向け。オプト=美しく丁寧に書きたいとき向け。

↓ブレンvsオプトは双方一歩も譲らず互角の戦いでしたが、個人的にこんな結果になりました。↓

◆安定して疲れない◆ ブレン > オプト
   ◆スラスラ感◆ ブレン > オプト
  ◆字のキレイさ◆ オプト > ブレン

結論どっちも良い。

結局それか。

いやホントどっちでも良かったです。

でもこれだと答えにならないのでどちらか勝者を選ぶとしたらブレンにします。

紙の上をスラスラ〜っと滑るように書けるのは気持ちがいいもので、頭にあるイメージが冷めぬまま一気に紙の上に落とし込みたい(=アウトプット)時に乗り物となってくれるペンだと感じて期待が深まりました。

早くスラスラ書けることでストレスがなくなるとどんどん書けるようになりますよね。

それとブレンでメモなり取っているとなぜかワクワクするからなんですね。

まるランニングハイのような感覚かもしれません。(ちょっと違うか。)

ブレンもオプトもなんと200円以下(ブレンに至っては150円)で買える高機能ボールペンです。

なにg使っているペンをアップデートしてみてはいかがでしょうか。

ではでは。