テキトーエレガンス

テキトーでも人生うまくいく!

ジェットコースターでケガをしたのでもしもの時の対策を教えます!


こんにちは。Bliss⋆* (@Bliss_Blink) | Twitterです。

もうすぐお盆で真っ只中!

海や山に遊園地とレジャーに行く人も多いんじゃないかと思います。

それに今年はまれに見る猛暑の年。

レジャースポットでケガを負ってしまったり、また気分が悪くなったりしたらどうすればいいのでしょう。

楽しいはずのジェットコースターでまさかのケガ!

やってしまいました・・。

ある大型アミューズメントパークのアトラクション(ジェットコースター)で何とケガをしてしまいました。

ジェットコースターの車体が激しく揺られた時に頭をぶつけ、その時に首をむち打ちしてしまったようで、幸い一週間で治りましたがその時は本当に慌てました。

ケガを負った経緯はこんな感じです。

娘と二人でジェットコースターに乗った直後、横を見ると具合悪そうに真っ青な顔をした娘が。

どうしたの!?と声をかけると娘は「頭と首が痛い・・」と訴えます。

どうやらジェットコースターのG(重力)によって首が振られて首を痛めてしまった様子でした。

素人目にも高度もスピードもあるジェットコースターだったのですが、あるのは胸元の簡単な安全バーのみ。 頭や首を保護するU字型の安全バーがなかったので「え?これだけ!?大丈夫?」と不安に感じたのを覚えています。

すぐさま医療室に駆け込み応急手当てをしてもらったのですが、帰りのバスの時間までベッドで安静を余儀なくされました。

娘がベッドで寝かされている間も首の痛みは増すばかり・・。

しかしベッドでずっと寝ているわけにもいかず。 ケガをしたまま辛いけど帰宅しなければなりません!

(ここからは帰りをどうしようかとそのことばかり考えていましたね。)

たまたま持っていた頭痛薬(解熱鎮痛剤)で痛みを散らすことで何とか移動できたのですが、

電車の乗り換えがあったりと家に着くまでの2時間の間、なるべく首を動かさないようにと気が気ではなかったです・・。

おかげでさっきまで楽しかったテンションはガタ落ち。

しかしこれでは終わらず痛みは酷くなってきます。

帰宅して一休みした後、ちょうど鎮痛剤が切れたのもあって首の痛みが戻ってきました。

休日だったのでやむなく夜間救急に駆け込みレントゲンを取ってもらうことになりました。

幸い骨や筋には異常はなく、2〜3日で痛みや違和感は収まりましたが、これがもし全治一ヶ月だったりしたらと思うとゾッとしましたね・・。

▲むち打ち用のコルセットを首に巻いてもらい情けない姿になっていました・・

まさか旅行先でこんな目に会うとは夢にも思ってもなく、 ケガや事故ってこうやって突然起こるものなんだと、なぜかものすごく実感しました。

アトラクションにはケガをするリスクがあるよ!

一般的にアミューズメントパークなどのアトラクションに乗るには「注意事項」があります。

アトラクションの前に掲示されている注意事項見たことありますよね。

「身長120cm以下の人は乗れません」と書かれた身長制限以外にも、心臓や背骨などに持病がある人、60歳以上の利用を制限していたりと条件はさまざま。

アトラクションの規模にもよりますがこれらの条件に入らない人であっても体を激しく揺さぶられるような乗り物に乗る以上、ケガを負うリスクはあると頭の隅に入れておかなかければなりませんね。

ケガをする以外にも、アトラクションに揺さぶられて気分が悪くなったりした経験ぐらいはみなさんもあるかと思います。

今回いざ自分が当事者になってみて、まさかアトラクションでケガをするなんて〜!と中々レアな経験となりましたが、

同時にアトラクションにはそれなりのリスクがあること、ケガをするかもしれないことなどを身を持って実感することになりました。

ではもし、レジャー施設などでケガをしてしまったり、気分が悪くなってしまったらどうすればいいのでしょう。

ためらわず医療室へ駆け込もう!


photo by suyizailushang

動物園・遊園地やプールなどのレジャー施設、ショッピングモールなどの大型の商業施設では応急処置などの簡単な医療サービスを受けられることを知っていますか?

レジャー施設内で体調を崩してしまったりケガをしてしまった時などへ駈け込めば応急処置を受けることができます。

たいてい「医療室」や「救護室」などの名前で案内板に載っていたり、 分からなければインフォメーションカウンターに聞けば教えてくれます。

大きなレジャー施設だと医療室に看護師が常駐していたり利用も原則無料なので、 万が一レジャー施設内でケガをしてしまったり気分が悪くなってしまった時は我慢せず利用することをお勧めします。

応急処置でしてもらえないこととは?

いざという時ありがたい医療室。

しかし医療室で出来ることと出来ないことがあるようです。↓

・胃薬や頭痛薬などの飲み薬はもらえない!
・診察や手術などの医療行為はできない!


基本的に医療室では薬アレルギーなどの心配があるため内服薬(飲み薬)はもらえません。

胃が痛くて医療室へ駆け込んだとしても胃薬はもらえないということ。

これらの医療室ってあくまで「応急処置」をしてくれるところなので、学校の保健室と同じようなものだと考えると分かりやすいかも。

ケガをしてもレントゲンや診察などは受けることができないので、 うちの娘も医療室へ駆け込んだ時は首に湿布と保冷剤を置いてもらい、後はしばらく安静にするしかありませんでした。

意識がない、出血がひどいなど明らかに救急を要する場合はためらわず救急車を呼んでください。

ケガをしたらレジャー施設に教えてあげよう

photo by stanvpetersen

もし、レジャー施設を利用していてケガをしたりなんらかのトラブルに巻き込まれたら後日改めてレジャー施設に報告してあげてください。

クレームというと聞こえが悪いですが、ケガをしたということを報告することで貴重な意見として寄り添ってくれると思います。

今回私もケガをしたアミューズメントパークのお問い合わせセンターにケガを負ったことを報告しました。

電話口に出られた担当の方からはお詫びと今回の件を安全対策会議に通して善処することを約束してくださったのでひと安心です。

「U字型の安全バーを増やして〜」と伝えたので一意見として通してくれたらいいなと思っています。

さて、脱線しましたが、もし何らかのトラブルでレジャー施設に伝える際、以下のように5W1Hを交えて伝えると分かりやすいかもしれません。

・いつ?
→「8月○日」
・何時頃?
→「午後3時頃」
・どこで?
→「ジェットコースターで」
・どんなケガをした?
→「首をむち打ちしてしまった」
・今の様子など(病院へ行ったかなど)
→「まず医療室へ行き、その後行った夜間診療では全治1〜2週間かかると診断された‥等」


一番やってはいけないのは、治ったから、大したことなかったからとレジャー施設に報告しないこと。

この報告って嫌がる人多いかもしれません。

第一、報告したところでどうこうなるものではないし、何よりクレーマーに思われるんじゃないかと面倒に思ってしまいがち。

しかし!教えてあげることで次に同じようなケガをする人がいなくなるかもしれません。

それに、もしかしたらあなたやあなたの家族が思わぬケガしたのはアトラクションになんらかの問題があるからかもしれません。

あなたが報告したことで一意見としてレジャー施設の安全対策会議に通されて、 アトラクションのメンテナンスの強化や改善につながる貴重な意見になるかもしれないからです。

もし時間があったらぜひケガをしたレジャー施設へ問い合わせてみてください。

いざに備えたら後は楽しい夏の思い出を!


photo by Jastro

今年はまれに見る猛暑の年。

熱中症などで急に体調を崩した時のことを考えていつもより念入りにレジャーの準備をしたいところです。

熱波の影響を受けやすい子どもには多すぎるくらいの熱中症対策グッズを用意した方がいいかもしれませんね。

思わぬトラブルでせっかくの夏の思い出を台無しにしては大変ですから・・。

また、

ちょっとでも不安がある時はアトラクションに乗らないのが一番

「一週間前に手を捻挫したけどヘーキヘーキ!」 「病み上がりだけど・・バイキング乗っちゃえ!」 「最近首痛いけど健康だから大丈夫!」

↑これ絶対アトラクション乗った後でヒドくなりますって!

もし酷い目にあって泣き寝入りすることがないよう、ちょっとでも不安だったらアトラクションに乗らないつもりでいた方が良いです。

特に「絶叫系アトラクション」にはケガをするリスクがあることを必ず頭に入れておいてくださいね。

では楽しい夏休みを〜!

ではでは。