テキトーエレガンス

テキトーでも人生うまくいく!

Mac壊れた。修理に出すべきか買うべきか。


今日は朝から雨模様で大雨の朝となりました。
私の心も雨模様です。
私のMacが・・・


Macが・・・


壊れました。


こんにちは。(Bliss⋆* (@Bliss_Blink) | Twitter)です。

 


うわーーん(TT)

 

ついに画面が逝く

起動したままストライプのような縦線が出てしまうディスプレイに

うちの娘「ストライプがキレイ~♪」

 

キレイーじゃねぇー!

 

禍々しいストライプの後ろにかすかに輝くAppleのリンゴロゴが悲しい。

OSが一向に起動しないし、何よりグレー画面になったままフリーズ状態になります・・・。

 

とりあえず今出ている「ストライプ状」の画面の症状やこうなる前の予兆などで調べてみると、

Macに搭載されている「グラフィック関連の何か(略してグラボ)」の故障が考えられると推測しました。

 

とは言えあくまで素人判断ですが、先の見通しが付いただけでも目の前にわずかな光が見えるもの。

 

修理に出せば何とかなりそうと期待が膨らみます。

 

一般的なPCと違ってディスプレイ一体型の我が家のMac先生は、特殊な工具を使わないと本体の中を見ることができません。

 

つまり中を触るにはAppleサポートやプロの方の手が必要ということになります。

 

Mac先生には「Don't Touch Me!」(私に触らないで!)と言われている気分になります。

 

つれないぜMac先生。

・・・

 

遡ること十ン年前、会社のMacG4(ジーフォー)のメモリを増設したりしたぐらいの知識では太刀打ちできないみたい。

 

本体をパカパカ開けるあの使い勝手はもうMacでは無理なのかなー
最近の機種はよく知らないけど。

 

うちのMacはAppleサポート終了対象!?

 

2011年製造のMacに関してはAppleのサポートが去年に終了しているとの情報が。

ん?まさか。

我が家のMac先生は2011年の製造なのでアウトー!

_(┐「ε:)_ズコー

 

うう・・・。

 

ここは民間の修理サービスに依頼するしかなさそう。

 

パソコンや家電も大きな消耗品であることにはかわりありません。

 

でもね、購入してわずか7年でMac生命を終えてしまうには寂しすぎます。

 

7年で買い替えなんて環境に優しくないしエコじゃない!(なぞの使命感)

ここは修理サービスに出すとして、気になるのはやっぱり修理にいくらかかるのかいわゆる修理費です。

 

おそるおそるグラフィックボード+修理工賃の相場を見てみると・・・


グラフィックボード交換 3万円~

 

oh......

 

高いのか安いのか、これでハードディスクも逝っていたら買い替え必至になるでしょう。

 

修理した方がいいのか、はたまた買い換えた方がいいのか。

 

ライフハッカーで知った「修理費が新品の価格の50%以上だったら買い替えたほうがいいの法則」に従いましょう。

「買い替えか?」「修理か?」損をしない見極め方を教えます | ライフハッカー[日本版]「買い替えか?」「修理か?」損をしない見極め方を教えます | ライフハッカー[日本版]

 

これによると、うちのMac先生はこうなる。

 

Mac買い替え >>> 修理費

 

修理した方が断然安くすみそうです。

 

まだまだ使える!

せめて中のハードディスクだけはお助けくださいとお月様に祈りつつ、近々Mac先生を修理に出します。

 

ひと回り大きくなって帰ってきた新生Mac先生を楽しみにしたいと思います。

ではでは。