テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

3分で使える!AppleキーボードをiPhoneのキーボードとして使う方法


外は花粉が最大出力で飛んでいますが体調は大丈夫ですか?

道路を黄色い川が流れているのを見てゾッとします。

 

我が家のiMacが故障したのは猛烈な花粉によるものではないかと甚だ疑問。

なんてね。

 

こんにちは。Bliss⋆* (@Bliss_Blink) | Twitterです。

「ガジェット」とか「アプリ」なんて言葉に疎い私ですが、

我が家の生命線であるiMacが壊れて以来いまだかつてないほどiPhoneを使っています。

 

おかげでスマホ依存になる人の心理が手に取るようにわかるようになりました。(笑)

 

事務作業から銀行の振込みに始まり、ちょっとしたToDoリストの作成からメール、ブログを書くのにもiPhone。

気がつけばiPhoneと睨めっこでストレートネックまっしぐらです。

 

実はいうと、最初のうちはポチポチ手打ちで文字を入力していたのですが、段々フリック入力がこの上なく面倒になってきました。

 

フリック入力も長文となると途端にツラくなるんですよね・・。

 

かつて携帯メール全盛期に高速で文字を入力してたあのダルさを彷彿とさせるものがありました。

 

そこでうちにあるiMacのキーボード、これでiPhoneに入力できないの・・?と疑問が浮かんだわけです。

うん、絶対できるはず。

 

結論から言うと出来ました。

 

知ってるけどいまだによくわからない存在である「Bluetooth」なる光線が、私のiPhoneとキーボードの架け橋になってくれるそうです。

 

「おいBliss!お前のキーボードが今日からiPhoneの文字入力を手伝ってくれるってよ!」

ちなみに前回、キーを分解して掃除しまくったお馴染みのこのキーボードです。

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B

 

女子でも出来る!Appleキーボードを分解して掃除する方法 - テキトーエレガンス

さすが互換性抜群のApple社。

「Apple社製品を一つ買うと段々リンゴが書かれた物が増えてくる」そう言われる所以はここにあり。

 

iMacとiPhoneはいわば親子。親機と子機のようなもの。

Apple社製商品はたいてい「あんなこと出来るかな?・・まさか出来ないよね〜」と想像したことは大抵できるようになっています。

 

これをオシャレな知識人たちは「直感的な動作」と言うのでしょうが、

 

 

 

Apple社の製品と切っても切り離せない「直感的」な動作ってこういうことかと。
痒いところに手が届きすぎて笑いが出ちゃいます。

 

もっと早く知っていたら人生変わってたなこりゃ(確信)。

 

話が長くなりました。

さっそく接続してみましょう!

これが超カンタンで3分でできます。得意な人だったらもっとすぐ出来るはず。

 

①まずAppleワイヤレスキーボード横にある電源を入れます。

②次にiPhoneの【設定】内にある【Bluetooth】をタップし「オン」にします。

f:id:Bliss_Blink:20180319225132j:image

③iPhoneがキーボードを検知すると【◯◯◯のキーボード】と表示されるはずです。

 

 ④キーボードを検知するとパスコード入力(ランダムに変わります)を求められるのでキーボード側で4ケタの数字を入力します。

f:id:Bliss_Blink:20180319225437j:image

④設定に戻って【Bluetooth】がオンになっていればOK。

f:id:Bliss_Blink:20180319225645j:image

 

この時点でもうキーボードとiPhoneがリンクしているので、キーボードを使って文字入力が出来るようになっているハズです。

 

早〜〜い

f:id:Bliss_Blink:20180319230652j:image

(↑嬉しい気持ちを表す場面でよくある画像)

 

 

やっぱりキーボード入力って最高。長文がストレスなく高速で打てます。

最初使ってみたらあまりの便利さにスゲ〜〜〜と声が出ましたもん。

 

キーボードでの入力は多少入力の感触や文字変換にクセがあるものの、タッチしている上でのタイムラグ、つまり入力の遅れとかもなく快適に使えています。

 

iPhone、それにiOSの入ったiPadも同様にBluetoothでAppleワイヤレスキーボードが使えるようです。

 

同様にApple標準の無線マウスも接続出来ると思います。(動作は確認していませんが多分iPhone上で動くと思います。)

 

ちょこっと注意点もあり

 

Bluetoothでキーボードを使用している場合、iPhoneでは手入力での文字入力が無効になるようです。

f:id:Bliss_Blink:20180319233407j:image

↑Appleキーボードを含めBluetoothで他のキーボードを有効にしていると手入力用のキーボードが出てきません。

 

今回Bluetoothで接続したAppleワイヤレスキーボードはiMacに標準でついてくるキーボードなので残念ながら持ち運びには向きませんね。

 

iMacを持っている人ならわざわざキーボードを買わなくてもそのままiPhone用キーボードとして使えますよってことでした。

地味だけどキーボードが使えるって意外と便利なことだと実感しました。

 

長年Apple製品を使っているコアなAppleファンの方からは常識なのでしょうが、
キーボードの互換性もあると知って舞い上がりたい気分になりました。

 

ではでは。

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B