テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

【iherb】今気になるサプリはナウフーズのL-システインとビオチン


こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

今回の台風が通過した後はぐっと冷え込み、また一段と冬に近づいていくそうです。

迫り来る冬の寒さに向けてサプリを2つ買いました。

疲労回復×美肌効果、さらにはPMS(生理前症候群)や肝機能を底上げしてくれるようなサプリを探していたらぴったりのを見つけました。

↓ひとつは美白効果と肝機能を高める成分として「ハイチ○ール」の主成分で有名な、おなじみ【L-システイン】。(iherbのリンクに飛びます)

jp.iherb.com

アメリカ製サプリの何が好きかって、海外のサプリって成分の含有量が桁違いなこと。

D○Cやネイ○ーメードなどの日本製のサプリをせっせと摂っていた時期もあり、イマイチ効果を感じられないしお値段も高いわでずっと続いたためしがなかったのですが、

ネットで話題のアメリカ製サプリを摂取したところ、すぐ効果が実感できてエライ驚いた記憶が蘇ります。

特にナウフーズ社はAmazonでも有名でサプリメントのランキングで上位にいる定番ブランドですね。

どのアメリカ製サプリもたくさんのレビューがついていて日本での需要も高まっている印象を受けます。

さて、L-システインでよく知られている事実として、副作用のひとつに「白髪が増える」というのがあるみたいです。

髪に含まれるメラニン色素を減らしてしまう結果白髪が増えるということでしょうか。

これはL-システインの「美白」効果を知っていれば、シミの元となるメラニンの生成を減らしちゃう結果髪の成分のメラニン色素も巻き添えくらって減らされちゃうんだろうな〜と推測できますが、

その対策としてビオチンを摂取すると良いと聞き、今回始めてビオチンもポチりました。

jp.iherb.com

このビオチンはナウフーズ社製ではありませんが、iherbで売れ筋ランキング上位&レビュー多かったので特にチェックせず買いました。

このビオチンって成分ですが、玉子の中にも含まれていて髪や爪を作る上で大事なビタミンの一種だとか。

別名ビタミンB7と呼ばれているらしく、そこで初めてビタミン群にある成分なんだと知って驚きました。

ビタミンB6、B12などは栄養ドリンクの主力成分!って感じのスター性もあり、よく名が知れ渡っていますがビオチンがビタミンB7だったとは知らなかった!

今回初チャレンジなビオチンですがこれは期待できそうです。

サプリの成分を調べていると薬学っぽいことを勉強できるので新たな発見とともに知識欲が満たされますね。

ビオチンって玉子やレバーに多く含まれているらしい。

ウシレバー (96μg) や卵黄 (52μg) 、大豆などの豆・穀類に多く含まれます。一方、野菜や果物では10μg以下と少量です (値はすべて100 gあたり)
引用元:「健康食品」の安全性・有効性情報より

参考にさせてもらった「「健康食品」の安全性・有効性情報のHP」によると、普段の食生活でビオチンが不足することは稀らしいのですが、

ここはL-システインの「白髪も増えちゃうかもよ副作用」の対抗策として、ネット上などではビオチンも合わせて摂取する方法が取り上げられているようです。

L-システインは100錠、ビオチンも両方とも100錠も入っているので毎日一つづつ摂取したとしても余裕で3ヶ月は持つであろうという鬼コストパフォーマンスなところが

さすが合理的主義でケチらないアメリカ製といった感じで好きです。

いかに日本のサプリメントメーカーがボッタくっ・・おっとこの辺にしておきます。(自重)

(アメリカがサプリ先進国でありサプリメントの質が良い理由の一つとして、医療費がべらぼうに高いため自分の健康は自分で守るという背景があって、 サプリメントで自主的に健康管理をする人が多いせいもあるとか。)

実は言うと、L−システイン&ビオチンを買う前に本当はナウフーズ社の【ピクノジェノール】を買おうと検討していたのですが、

ピクノジェノールが思いのほか高くてちょっと躊躇してしまい、今回は見送りすることになりました・・。

なにせ高い!

ピクノジェノールは女性特有の悩みであるPMS(生理前症候群)を緩和したり、血のめぐりを良くする効果もあるのかガンコな冷え性などにも効くとのことで、

女性の味方的サプリメントなんだそうです。

うう・・やっぱり欲しい。

www.supkomi.com

届き次第さっそく飲んで経過報告をしていきます。

ではでは。