テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

見せかけの向上心に注意。等身大の自分にもどる3つの処方箋


もっと上を目指さなければ・・

気がついたら無意識に自分を否定している

「ユルく行こう〜」「自分軸で行こう〜」「テキトーに力を抜いていこう」なんてエラソーな事を言っていますが

最近、向上心とやらにアタマを侵されていたようです。

何かにつけて上を目指さなければと意気込んで力が入っていたようで、

ちょっと自分より優れた人に打ち当たった途端、

「上には上がいる〜〜」

とへなへなと倒れ込んでしまいました。

変に力んで自分を必要以上に大きく見せようと力が入っていたということですね。

危ない危ない。

この向上心とやら、私たちが今に安住せず上を向いてしまうクセを無意識で作っているようです。


1:今の自分を許す

学校でも会社でも目指す目標のベクトルは上向き。

向上心を持て!と常に上を見るよう言われてきました。

これは時に仇となる。

それはなぜか。

上を向くということは今の自分を否定してまうことに繋がるからですね。

今の自分が嫌で嫌でたまらなくて、理想の自分を思い描いてそれに向かってつき進む、

これがうまくいくようなアツい人はそれでいいかもしれません。

多くの場合、今の自分を否定しながら上を目指すとロクなことになりません。

ちょっとうまくいかないとすぐにドーンと凹む。

今の自分でも良い、だけどこうなれたら更にいいだろうな、という心構えで目標に向かって前進していけたら

宇宙が「それそれ!そうこなくっちゃ!」と

目標に向かってバックアップをしてくれるはずです。


2:リア充SNSを見ない

キラキラ輝いている人を見て、「私なんてはぁ・・。」と

勝手に落ち込んでため息をついてしまう。

リア充友達のインスタグラムやFacebookの言動に惑わされてしまう。

ちょっと待って。

そんなの見たらそっ閉じしましょう。

自分を否定が止まらなくなりますし、

恐いもの見たさで見たとしても何のためにもなりません。

キラキラしている人は50%盛っていて、写真は全部オシャレに画像修正しています。

「超リア充なワタシ」を演出したいだけなのです。

超絶オシャレで美人で恵まれているあの人も

日々あなたと同じように悩んでいますが

SNSで見栄を張るために日々写真を加工していますw


3:変に自分を大きく見せない

必要以上に背伸びをして常識人ぶったり、

本当はいっぱいいっぱいなのに一人で出来るフリをしたり

ブランド物を身につけて見栄を張ったり

知ったかぶって知識をひけらかしたり

自分を大きく見せていると、

「私何やってんだろ。」と突然プツっと糸が切れたかのように

虚無感に苛まれる時がきます。

これホント。

f:id:Bliss_Blink:20161026191209j:plain

自分でまかなえるキャパシティ(許容量)を超えちゃうから

体のブレーカーがダウンしちゃうんだと思う。

見栄で買った服より自分に似合っている服。

知ったかぶるより「へえ。知らなかったです〜」と言えるちょっとの勇気。

いっぱいいっぱいだったら誰かにHELP!と言ってみる。

背伸びをして自分を大きくみせたところで何のためにもなりません。

というか背伸びしてもしなくても周りの評価は変わらないっぽい。

だったら最初から等身大の自分で力抜いて行きましょう。

いつも読んで下さってありがとうございます。