テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

ちょっと待て!その時感じたハートに大きな意味が隠されている



(c) .foto project

昨日の記事に引き続き、宇宙からのゆる〜いサインシリーズ

bliss-blink.hatenablog.com

昨日の記事では、宇宙のサインって「ただ何となくこっち」といった穏やかな形で送って場合もあると

お話したんですが

「え何それ!?ユルッ!」

と感じたみなさんは正常です。

宇宙はスゲーユルい。

YESかNOか。以上!

何かをしていて、感じる感情。

その感情は心が晴れやかになる?それともイヤな気持ちになる?

よく観察してみると、

感情が大きなコンパスとなって行くべき方向を教えてくれるみたいです。

気が進まない、気が重い、やりたくない、辛い、つまらないなどの ネガティヴな気持ち = NO
宇宙「やめとけ。そっちに行かない方が良いよ」

ワクワクする、心が軽くなる、やりたくてしょうがない、楽しいなどの ポジティブな気持ち=YES
宇宙「こっちこっち。こっちに来ると良い事あるよ」


という単純なものです。

私たちって簡単なことほど信じようとしないから、

こんなイエスかノーかという分りやすいサインを

ハナから見ようともしなかったりする。

まさかこんな簡単な心の感情が宇宙からのサインだと思わないし、

これがそうだとは思いたくないんです。

「今日は何を食べようか」といった超カンタンなところでは心の声をちゃんと聞く事が出来るのに、大きな決断をするときに限ってなぜかこの「宇宙のサイン」を無視しがちなのはなぜなんだぜ。

気が進まない(宇宙はNOと言っている)のに

つい「これやっとけば○○さんの顔が立つし・・」「一応やっておけば」目先の利益とか損得とか

そっちを優先しちゃう。

目の前の損得とかで直感(宇宙のサイン)を聞かなかったように、

ねじ伏せてしまう。

少しずつ宇宙のサインに耳を傾けてみる。

もし何かの選択に迫られたら、迷わず最初の感情に意識してみよう。

どっちがいい気持ちになる?どっちがやりたくない?

いつも読んで下さってありがとうございます。