テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

後ろめたい気持ちと決別できる映画「もらとりあむタマ子」の実家寄生サバイバル術。


前田敦子さん主演のもらとりあむタマ子を観ました。

カンタンなあらすじ。

舞台は山梨。
地元甲府のスポーツ用品店「甲府スポーツ」の次女、タマ子(前田敦子)が、
東京の大学を出て実家に戻ってきたところから話は始まります。
実家に居候の身でありながら何をするわけでもなく毎日マンガを読むか喰っちゃ寝するかの
自堕落な生活を続けるタマ子。
「明日から本気出す」ニートの常套句を悪びれもなく言い放ちます。
TVを見ては文句を言い、自分のことは棚に上げて口先だけはいっちょまえ。
タマ子の自堕落ぶりに見かねた父はハッパをかけますが、
タマ子は父の助言にも耳を傾けようとしません。
そんなある日、長らくやもめだった父に再婚の話が持ち上がります・・。


「訳あって東京から田舎に戻ってきた馬鹿娘。実家に「寄生」して自堕落な生活を送る娘を心配しながらも適度な距離で見守る家族。」
この構図どっかで観たな〜と思ったら、坂井真紀さん主演の「ノン子36歳(家事手伝い) 」を彷彿とさせる感じでした。

随所に日本のどこにでもある「ウチの実家」をこれでもかと余すところなく写します。

立て付けの悪い玄関、狭くて古い台所、薄汚れた砂壁の部屋、

父ちゃんの作るカレー、ゴーヤチャンプル、晩酌のビール、

40年は使っているだろう年季の入った扇風機・・

もうね、

あまりうちの実家を写さないでくれー!と止めたくなるような清々しいくらいの実家。

Blissも最初出戻り組として帰ってきたときは家のボロさに自分の敗北感を投影して、

何とも言えない韻鬱な気持ちになりましたが、

それを思い出させてくれるような生々しさ。

ン十年前で時が止まったかのようなタマ子の実家は、

ちっとも前に踏み出せないタマ子の姿と重なります。

バイバル1;父ちゃんの小言はスルーか逆切れする

口数が少ない父ちゃん。

ある時タマ子にハッパをかけますが、タマ子は逆切れすることでその場を切り抜けます。

f:id:Bliss_Blink:20160702231544j:plain

口だけは偉そうなタマ子に何か言ってやりたくてモジモジする父ちゃん。

見てるこっちもモジモジします。

いつハロワ行くのか、いつ家を出るのか、と家族から責められたら

ニートの常套句

「今はその時ではない!」 「明日から本気出す!」

と叫んで切り抜けましょう。

バイバル2;同級生を見たらそっと逃げるが勝ち

季節は移り変わり夏。

「実家寄生組」には辛いあの帰省ラッシュがやってきます。

お盆には都会へ出た同級生が一斉に帰ってくるわけですね。

会いたくもないリア充同級生とエンカウントする確率が跳ね上がります。

地元に戻った落伍者にとって

同級生とばったり会ってしまうのは精神衛生上よくありません。

たまたま通りかかった公園でタマ子が同級生を見つけるシーン。

f:id:Bliss_Blink:20160702142710j:plain

顔を背けて見つからないように通り過ぎようとしますが

結局同級生に発見され、いつ帰ってきたの?と質問攻めにあうタマ子。

この状況、分りすぎて辛い。

シーンではニートのタマ子と帰省したリア充の対比が上手に描写されていました。

いつから着ているのか分らない襟口がよれよれの「部屋着」を着てニート感たっぷりのタマ子、

一方、たった今帰省してきたばかりだという同級生の「ワシオさん」は、

手入れの行き届いた長い髪を揺らして身なりもオシャレ。キラッキラに輝いている。

タマ子とは違い、見るからに都会でうまくいってそうな雰囲気なんですね。

さらにそこへ、追い討ちをかけるように別の同級生達の車が通りかかります。

久しぶりー!と帰省話で盛り上がるワシオさん達。

隙を見てそっと逃げるタマ子ですが、居心地の悪くていたたまれない空気、

嫉妬のような黒い感情、嫌というほど画面を通して伝わってきました。

タマ子逃げてー!

f:id:Bliss_Blink:20160702223329j:plain

※ところがこの後、もう一度駅でワシオさんと再会するのですが、

このシーンと絶妙な伏線を含んでいて面白かった。

それは是非もらとりあむタマ子

を観て感じて下さい。

バイバル3:パシリを見つける

f:id:Bliss_Blink:20160702230003j:plain

友達のいないタマ子が唯一子分としてアゴで使える存在の中学生、仁。

ひょんなことからタマ子との変な師弟関係(?)が生まれるのですが、

タマ子の無茶ぶりに文句を言いながらも、指図をハイハイ聞いては実行してくれます。

「あの人友達いないから」と仁にすら見透かされているタマ子ですが、

非リア同士、どことなく惹かれ合うんでしょうか。

不思議な絆が印象的です。

Amazonプライム会員なら「もらとりあむタマ子」を無料で視聴出来ます!

リンク先の「今すぐ観る」をクリックすると視聴が始まります。

前田敦子さん、棒読みなんじゃないかと正直演技力を舐めてましたすみませんすみません。

あっちゃんの可愛さとか瑞々しさは見事に消え去り

23歳の口先だけは上手いニートとして見事に演じきっています。

蒸し暑い夏の夜にいかがでしょうか。