テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

今年こそ脱ビビリ!肚をくくってみると物事がうまくいく


f:id:Bliss_Blink:20171231121558j:plain

2018!

\Happy New Year!/

あけましておめでとうございます。

今年もみんなが健やかで幸せに過ごせる良い年でありますように。

元旦に、実家近くの「お不動さま」と言われる小さな神社にプチ初詣してきましたが、「いつもありがとうございます!みんなが健やかに過ごせますよう今年もお守り下さい」と感謝だけを伝えてきました。

神社に行く前は散々「○○が欲しい」だの「お金持ちになりたい」だの「ご縁が欲しい」だの、ただの物欲まみれのお願いに頭を支配されているくせにね。

私は聖人君主ではないし、そんなきれいごとでしょ〜!と思うかもしれませんが、いざ手を合わせてみると、煩悩100%のお願いはす〜っと消えて感謝が口をついてでてくるから不思議です。

その直後に新年早々ウィルス性胃腸炎(多分ノロウィルス)になり、ある意味「強制寝正月」を送ることになるとは露にも思っていませんでした・・

ノロ胃腸炎は二度と味わいたくありません。

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

「一年の計は元旦にあり」と言われるように元旦には一年の抱負を記すと良いと言われています。

みなさんは今年の目標を立てましたか?

私の今年の目標

そんなことを言う当の本人が目標なんて立てた事がないテキトー人間なので、その時の思いつきで生きてしまう節があるのですが、

今年はこんな言葉がインスピレーションとして頭に浮かびました。

それは

「腹をくくる」

ということ。

この場合「お腹」の「腹」より「肚(はら)」の方かな?

↓「肚(はら)」ってこういう意味みたい。

f:id:Bliss_Blink:20180106100418j:plain

「腹をくくれ!」なんてどこぞのお偉い人の名言にありそうですが、何事にも腹をくくって=覚悟を決めて取組めば怖くないしおのずと道が開かれるかなと思っています。

事実その通りで、ホント腹をくくるくらいのドーンと構える姿勢って無敵な気がします。

何とかなると信じて肚をくくるべし

去年の最後に「何とかなる!」と信じる事が開運のカギだとお伝えしたんですが、肚をくくることは自分(の中のすんごい力)を無条件に信じることであり、

よく言われる明け渡し、手放すということにつながるんです。

www.tekitou-bliss.com

肚をくくれば

「何があっても大丈夫、私は大丈夫だから、思い切ってベストを尽くしてやっちゃおう!」というイイ感じのリラックス感をもたらしてくれますから。

特に私はすぐネガティヴに捉えるクセがあるのですが、「ど〜せ私には無理だろうな〜」なんて気持ちが沸き上がってきたら心の中で「肚をくくれ!」と一喝しています。

これが効いているようでふと、ああ、そうか大丈夫なんだっけ。だから思う存分やればいいんだった!と本来のテキトーな自分に戻ることができます。

(私の言う“テキトー”は適度にテキトーでいるという、イイ感じに力の抜けた状態をこう言っています)

肚をくくると不思議と肩の力が抜ける。

「肚」のある「丹田たんでん」に力が入ると、自然と肩からは力がス〜ッと抜けてくる。

なんか不思議。体のパラドックスですよね。

肩の力が抜けると呼吸も楽になるし、呼吸が楽に深くなれば物事も前向きに考えられるようになるんです。

それに肩の力が入っていていいことありませんもの。肩にぐっと力を入れていいのは物を持ち上げるときだけで十分な気がします。

お腹に意識を向けて体の力を抜いていると、何となく心も前向きになってくるような気がしませんか?

今年は新しいことを始めようと思っているので、ここでぐっと肚をくくっていきたいと思います。

でも肩の力を抜いて、

リラックスリラックス。

ではでは。