テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

イエベ春な私が秋のブラウンメイクを似合わせる時に気をつけているポイント!


f:id:Bliss_Blink:20171011220054j:plain

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

すっかり秋らしくなってきましたが秋物服は揃いましたか?

服がこっくりとした重めの色になってくるとメイクも夏のメイクから秋のメイクへアップデートしたいところ。

毎年秋になるとチョコレート色やキャメル色のメイクが店頭に並ぶので見ているだけで楽しいですよね。

でもね、秋のこっくりとしたブラウン系の色って・・人を選ぶんですよね〜。

またまたパーソナルカラーの話になってしまいますが、

一般的にパーソナルカラーが「イエローベース」の人はブラウンは似合いやすいと言われています。

私も手持ちの服や小物はブラウン系(またはベージュ系)が多いですね。

普段は味方のブラウンも秋冬物になると一変します。

春タイプの人はダークで重い色が似合いづらく不得意な色。

秋冬向けの「鈍くて重いブラウン(彩度が低いブラウン)」がとことん似合わない。

特に私はダークな色のリップをしてしまうと血色がスコーンと消えて、瞳から光が消えて表情が沈んだようになってしまうんです。

顔つきが大人顔なので一気に老けてプラス5歳に見えちゃう。

f:id:Bliss_Blink:20170921112835j:plain
▲左は典型的な「春タイプ」をイメージしました。右側のダークなブラウンを付けて顔や瞳から光がなくなったように感じたらそのメイクは似合いません!

イエベ春でも重〜いブラウンを合わせるコツ!

これはまさに“イエベ春あるある”なんですけど、春タイプは強い色に負けてしまうところがあるので色選びには気をつけたいところですね。

しかしこれからの秋冬は服の色やメイクアイテムの色展開を見ても黒やグレー、パープルやブラウン、カーキなどダークで重い色ばっかり。

顔だけ春夏メイクだと重い色の服と首が分離したようになってなんかヘン。服とメイクが不調和を起こします。

分かったよじゃぁ秋冬物のメイク買ってやる〜!と見境なく店頭に並ぶ秋冬メイクを買い込んでも「何でこんなリップ買っちゃったんだろう」と後悔する色ばかりということになりかねません。

でもね!

明るい色が得意なイエベ春でも秋冬のダークカラーを似合わせるコツがあるんです。

それは何と

血色感なんです。

見分け方としては、実際に顔に付けてみて顔から血色がなくなって血の気が引いたようになってしまったり、

口元が沈んで見えて「キツそう」「怖そう」に見えたり、瞳から光が消えたように見えたらアウト。そのブラウンは似合わないと思って諦めましょう。

一口に「ブラウン」といっても色々な色がありますよね。

この時期一斉に店頭に並ぶブラウン系のメイクでも、「ダークブラウン」だったり「ココアブラウン」だったり「キャメル」とか「テラコッタ」なんてのもあったり。

海外ではイエローベースは「WARM UNDERTONE(温かみのあるトーン)」と言われているだけあって、

涼しげで青みのある色が似合うブルーベースとは対極的に、イエローベースは一般的に黄みを含んだ温かみのある色が似合います。

そう、「温かみ」これ重要。

白熱球でぽっと照らされたようなブラウン。

f:id:Bliss_Blink:20170921122917j:plain

その中で少〜し「赤み」のあるブラウンだったら春タイプでも合うかもしれません。

↓見分け方としてはこんなのはどうでしょうか。

f:id:Bliss_Blink:20170921115537j:plain
▲右側のブラウンをつけてギョッとした経験ありませんか?特にカーキのアイシャドウは黒っぽく発色してしまい諦めたこと多々あります・・。

私が個人的に秋冬にかけて使っている血色感が出るブラウンメイクをご紹介します。

NARS/デュオアイシャドー3045

こなれ感タップリ。色気のある赤銅色

NARSの人気ラインであるデュオアイシャドーの3045番です。

キャメルと赤みのブラウンが入った「THE・秋冬ブラウン」というアイシャドウなんですが、

日本製の4色も5色も入っているパレットに見慣れてしまっている私たちからしたら「え?色これだけ?」と驚くかもしれません。

でもね。一色だけで自然なグラデーションになってくれるので実際使ってみれば2色で充分だということが分かるはずです!

特に右側の赤みのカッパーブラウン(赤銅色)は絶対オススメ。私の瞳の色が黒に近いカッパーブラウンなので、

この色が見事に調和して一気にオシャレでしかも女性らしく見せてくれる鉄板色でもあります。

NARSのアイシャドウはグレーがかってくすんだ色が多いので、WEBや雑誌などでは合いそうに見えても実際に店頭で手に取ってみたらギョッとする色が多いんですよね〜。

その中でもこのブラウンは日本人(日本人の瞳の色)でも合いやすいな〜と感じました。


オルビス/ルージュC クラシックベージュ

初心者でもオシャレなブラウンが叶う!

オルビスのルージュCのクラシックベージュはオルビスカウンターで試して「探していたのはこれだ!」と一目惚れした色なんですよ。

ベージュとありますが私の唇の上では赤みをふくんだまろやかなレンガ色になりますね。

すご〜くナチュラルなのに何ともいえないオシャレ感が出ます。

例えるなら白シャツにデニム&大ぶりピアスの井川遥さんが付けてそうなイメージだ。(←ちょっと分かりにくいか!)

適度なツヤもあってヘルシーに見えるし、何よりルージュCは唇が乾燥しないので手放せません。

絶妙〜な赤みなのでアイメイクを邪魔しないのがイイ。

ちなみにこのオルビスのルージュC、30代からぐっとありがたみが分かるようになって、個人的に推しなブランドです。

Dior/ブラッシュ コーラルクルーズ

ブラウンメイクにほんのり明るさと血色をプラス

目元と口元をまろやかなブラウンにしたら、チークは薄めにふわっと入れるだけでOK。明るめのコーラルオレンジ系だったら主張しすぎず調和してブラウンメイクを引き立てます。

ブラウンメイクで暑苦しくさせないポイントは顔の一部に「抜け」を作ることかなと思っているので、

あくまで、きも〜ち色が入っているかな?というくらいに軽く入れてみて。

ちなみに私の肌はどちらかというと「黄みのある明るい肌」になるので、メイクでオレンジ系が強すぎると元から持っている黄みとダブル効果でオレンジ色が濁ってしまうんだけど、

Diorのコーラルクルーズは濁りのないコーラルオレンジなのでくすみづらいですね。

真夏の色!って感じですが「付けました!」にならないのはさすがディオール。限りなく薄付きでじわっと発色してくれます。

↓黄み肌のピンクメイクを真面目に考えたのでこちらも合わせてどうぞ。

www.tekitou-bliss.com

www.tekitou-bliss.com

ブラウンメイクは怖くない!

ヴィンテージな服が流行になっている関係で、ヴィンテージ感のあるブラウンが似合う絶好のチャンスなんですよね。

ぐっと濃い色の服が着たくなるこの季節。

秋服と一緒にメイクもブラウン系にトライしてみてはいかがでしょうか。

コツさえつかめばイエベ春でもダークなブラウンがぐっと身近なアイテムになるはずです。

誰よりも早くブラウンを味方につけて周りと差をつけちゃいましょう!

ではでは。