テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

あなたが貧乏なのにはワケがある「すごいお金。」でお金持ち意識を手に入れよう!


最近身の回りの物がよく壊れます。 iMacに始まり自転車、ドライヤー、ルームライト・・

家電が壊れるときは一気に来ると聞きましたがここまで一気に来るとは思いませんでした。

買ったばかりのWi-Fiルーターだけが妙に元気です。 はぁ〜。池袋のヤマダに行ってこよう。 それにしても出費がイタい・・

こんにちは。Bliss⋆* (@Bliss_Blink) | Twitterです。

春の新生活シーズンになると気になるのがお金のこと。

出費がかさむ悩ましいシーズンとなりました。

そんな折、桜の開花とともにスゴイ本が私の元へ舞い降りてきました。

知る人ぞ知る敏腕コンサルタントでもあり、作家、「WADAカフェ」のパーソナリティとしても有名な和田裕美さんのお金の本。 その名も「幸せなお金持ちになる すごいお金。

幸せなお金持ちになる すごいお金。

幸せなお金持ちになる すごいお金。

うん。決してオーバーじゃなく中身もスゴかったです。

あなたがなぜお金に苦労しているのか、またそこから抜け出せないのか、

「お金がない」という意識(マインド)に問題があると考えてそのマインドをお金持ちverに変化させてくれる画期的な本です。

この本にはお給料の何割を貯蓄に回したらどうのとか、お金があったら投資に回しましょうね〜みたいな、

お金の専門家が書いた本に書かれてあるようないわゆるお金のハウツーは書かれていません。

その代わり「お金」という天下の回りものがいかに目に見えない要素で出来ているかを知って、

さらにお金に対する意識をお金持ちが持っている意識に変えていこうという本なんです。

お金マインドをお金持ちモードにアップデートする本

和田さんはこの本の中で、私たちが何気なくやってしまっている貧乏臭いこと=貧乏習慣をやめなさいと伝えています。

え?そんなのやってたっけ?と思ってしまうけど、 実は誰でもやってる貧乏習慣っていっぱい出るわ出るわ、例えばこんなことがあります。↓

スーパーの値引きシールがついた食材に飛びつく(アイタタタ・・・)
パチンコや宝くじなどのギャンブル
安いからと必要のない物をどっさり衝動買い
同じ物が並んでいたら安い方を手に取ってしまう・・・

えーダメなのー!?と私もショックを受けましたが、言われてみればこれらの行為はそのまま 「私はお金がありません!ビンボーです!」という気持ちがそのまんま表れてますよね。

お金に対する自己肯定感の低さを認めるれっきとした「貧乏習慣」に他ならない。

お金持ちな人と聞いて、贅沢や私欲のために使うことはせず、普段は質素で無駄なことにお金を使わない人みたいなイメージがあったら要注意。

和田さんは贅沢することは決して後ろめたいことじゃないと認めていらっしゃいます。

これには私も賛成です。 お金のありがたみやお金を使う楽しさってこういう私欲に使って初めて分かると思うし、

日本人が持つ「質素倹約」「清貧」な観念って 人様のゼイタクは認めませんよ!みたいな足の引っ張り合いの気持ちが絶対背後にある気がするんですよね。

和田さんはもっと「旅行行きたいからお金欲しい!」と声を高らかにしても良いと私たちに気づきを与えてくれます。

▲「え!?私の所持金ヤバすぎ・・」

実は自分はお金持ちだと気づかされる天国貯金

そして何よりこの本の一番の収穫。

それは和田さんが薦める「プライジング」の意識。

これは目からウロコが落ちるどころか目玉が飛び出そうになるくらい新鮮な考え方に感じました。

和田さんの提唱する「プライジング」とは値段のつかないものに対してあえて値段をつける=(プライジング)していくこと。

これは物に対してではなく、あなたを取り巻くちょっと幸せだな〜と感じる小さなことにどんどんあなたなりのプライスを付けていきます。

焼き鳥屋さんで一本おまけしてもらったこと・・10万円
お風呂上がりにビールを飲んでプッハ〜!とやるあのひと時・・50万円
離れて暮らすお母さんの元気な姿・・5000万円 無邪気な子どもの寝顔・・一億円

・・・・

アホくさ〜!と思うでしょ?

でもやってみて。 私もこのプライジングし始めています。 この際、習慣になっちゃって逆に辞めたくても辞められなくなるまでやってみようと取り組んでいます。

そうすると気づくんです。 私結構恵まれているし、お金持ちじゃないかって。

「ラッキー」とか「やったー」と幸せを感じることってお金じゃ買えないことが沢山ある。

お金じゃ買えない幸せをあえてお金に換算してみるとどえらい金額になることに 私たちは衝撃を感じるわけです。

しかもなんとこのプライジングされたお金って目の前にこそないものの、キャッシュとして天国(テキトー流に言うと宇宙ですかね)にある。

天国にはそれだけのお金があり、あなたはすでに持っているということなんです。

和田さんはこれを「天国貯金」と呼んでいて、 今見えていないお金を「見える化」することで「実は自分はお金がある(お金持ちである)」と気づくために重要で、

さらにこれこそがお金持ちの人の意識であると断言しています。

何でもキャッシュにするセンスかっけー!(笑)

さらにこの天国貯金の意識は「どうしようお金がない!」と不安になった時も、 「天国貯金」を思い出すことでいつでも満ち足りた意識に戻ってこれると教えてくれます。

▲にゃんこの寝顔=5000万円

今日から始める「お金持ち習慣」

昨今はまれに見るお金の本ブームですね。 ビットコイン関連の本、株やFXの本、貯蓄や節約術の本、お金に対するマインドの本…etc

新刊には必ずお金の本が並んでいるところを見ると、 それだけお金の不安を抱えている人が増えているということなんでしょうか。

私もお金の本は、ふわっとした内容のものから堅実な内容のものまで沢山読んできたのですが、

この「すごいお金。」は特に共感できるところや頷くところだらけで、お金持ちへのアクセスに一番近い本だと言えます。

慣れ親しんで来た「貧乏マインド」が見えなくさせていた豊かさ。

お金持ちがみな使っている「お金持ちマインド」をインストールすることで本来の豊かさが見えてきて、 こんなに豊かだったのかと気づく日が来るかもしれません。

タイトルの通り、すごいお金のマインドをさっさとインストールして、 お金ないマインドを上書きデリートしてしまいましょう。

いつも読んでくださってありがとうございます。

幸せなお金持ちになる すごいお金。

幸せなお金持ちになる すごいお金。