テキトーエレガンス

頑張るのやめてテキトーに委ねよう。そして浮上しよう。

ぼ〜っとするのは最大の回復法であると感じたお盆休み明け

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

お盆休み前から夏とは思えない涼しい日が続いています。

毎日雨模様で秋雨前線までワープしちゃったんじゃないかと心配になります。

あんなに嫌だ嫌だといっていた猛暑や突き刺さるような夏の日差しやセミの声も

いざ冷夏を実感すると恋しくなりますね。

ところで、

最近ぼ〜っとしています。

新たに知識を得ようと何らかの本も読んでいませんし、能動的にあれしたいこれしたいという意欲がありません。

関心が自然の物に向かっていて、動物や植物の美しさに心を持っていかれています。

なんかあんまり人と積極的に関わりたいと思わないんだよね〜。

最近特にこの傾向が顕著になっています。


やりたいことがなかったら無理にやろうとしない

いつからか「自分のやりたいことをやろう!」と盛んに聞かれるようになり

やりたいことがないことに罪悪感を覚えてしまったら本末転倒なんじゃないかと思うんです。

脳みそは常にフルパワーで動いているわけではないので、

私たちはぼ〜っとしていると自分に価値がない気がして、

自分を認めてもらえないような気がして、必死で「やりたいこと」や「何か面白いことないかな〜」と興味を持てるものを探そうとしてしまいますが、

そんなときは躍起になって探さなくても大丈夫なんです。

ぼ〜っと日々過ごしている時はそれはそれで損をしたりしません。

ぼ〜ッとしてしまう時は脳みそや心が「休みたいよ〜」とサインを送っているのかもしれません。

あれこれ考えすぎて脳が考えるのを放棄したいのかもしれません。

時期がくればまた動けるようになる

時期がくればまたスイッチが入って動けるようになりますので、

今は思う存分ぼ〜っとしてください。

そしてその「ぼ〜っと」してしまう自分を責めないこと。

ぼ〜っとしている現状に腹を立てたり、否定したり、このままじゃいけないと無理やり何かしようとしたりするのは止めて、

そのぼ〜っとしている感覚を味わうことにしませんか。

f:id:Bliss_Blink:20170816233827j:plain
▲頭では動かなきゃと思っているのに体が動かない。というか動けない・・。
体は頭よりずっと正直です。

人間って「動機づけ」がないと中々動けません。

「あれをしたい!」という動機付けや衝動があなたを突き動かしてくれますので、

それまでは「何にもやりたくなーい!」

「夕飯メンドクサー!カップラーメンでいいや〜!」

「行くの来週でいいや〜」と

計画だのスケジュールだの放り出して出来るだけ身軽にして

ぼ〜っと日々を過ごしていれば良いんです。

お盆休み明けですしね!

ぼ〜っとしちゃいますから(言い訳)

ではでは。

下田海中水族館へ行ってみた!海を渡って生き物に会いに行こう

f:id:Bliss_Blink:20170814153246j:plain

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

伊豆の「下田海中水族館」へ行ってきました。

ここ最近はスッキリ晴れる日が少なく、旅行中は雨に降られたりもしましたが、

二日目は一日を通して秋口のような気候で涼しかったので絶好の行楽日和でした。

「下田海中水族館は」海の入り江の地形生かしてそのまま水族館にしてしまったような、想像以上に海の中にある水族館で、

屋外ならではの潮風とともに海の生き物たちの生態を見ることが出来ました。

  • いざ!海の中にある【下田海中水族館】へ
  • サメを間近で見よう【シャークアタック】
  • 海の魚と触れ合う【アクアドームペリー号】
  • 【シーパレス】〜癒しのクラゲ【クラリウム】
  • お目当てのペンギンプール到着!
  • のんびり過ごすアザラシ館・アシカ館
  • おみやげ編!:一目惚れの○○を連れて帰ってきた!?
  • 入場券を少し安く買う裏ワザ!

いざ!海の中にある【下田海中水族館】へ

f:id:Bliss_Blink:20170812183424j:plain
▲駅前のバスのりばから7番の「下田海中水族館」行きに乗る。

所要時間は15〜20分なんだけど、お盆休みともあって途中で大渋滞にハマり現地到着までに20分以上かかってしまった・・。

バスは途中であの有名な「下田ペリーロード」を通過します。

続きを読む

【日記】伊豆の下田と雨と私。

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

静岡は伊豆の下田に行って来ました。

f:id:Bliss_Blink:20170813003512j:plain
▲よく見ると関所風の改札。改札カウンターは黒船になってる!
そう言えば下田港はペリー提督が最初に黒船で来航した町でしたね。(うろ覚え)

観光客でごった返す伊豆急下田駅周辺はとても賑やかで活気があって雰囲気はサイコーでした。

ペリーロード、ロープウェイ、美術館なんかも行ってみたかったけど時間がなくて今回は断念。

秋とかにもう一度来たいな。

初日は天気に恵まれたのに二日目はあいにくの曇り空&雨。

夏とは思えない涼しさだったものの、かえって恰好のお出かけ日和となりました。

海無し県育ちだから、海を見る時は夏休みや臨海学校などの特別な時だけ。

だから海を見るとその時の記憶とリンクして勝手にワクワクしてしまうという、

まるで子どもみたいな体質なんですよ(笑)

↓でもさすが下田は白い砂浜で有名なだけあって、透明度が高く伊豆の海岸の中ではズバ抜けてキレイ。

f:id:Bliss_Blink:20170812230101j:plain

海水浴目的での旅行もあり白い砂浜が見れておおむね満足です。

↓帰りはスーパービュー踊り子号で寝ながら快適に帰ってきました。

bliss-blink.hatenablog.com

実は名古屋付近での大雨で東海道新幹線が遅れた影響で池袋駅へは12分遅れでの到着。

電車旅は寝ていてもOK。車内でお酒を飲んでもOK。

電車は時間通りに駅に着くので、その後の計画が立てやすいですね。

帰りは売店がある5号車を取ったのですが何かと便利でした。

伊豆急下田駅を出るときはどんよりとしていた雲は北上するにともなって段々怪しくなり、

河津駅を越えたあたりから雨がポツポツ。

景勝地である片瀬白田駅周辺の海岸沿いの直線も残念ながら雨振ってて伊豆諸島が見えねぇ・・。

f:id:Bliss_Blink:20170812234832j:plain

伊豆の海を照らす真夏の西日は拝めませんでしたが、

雨模様の海岸も悪くないと感じた旅でした。

↓新幹線で食べられるあのカチカチのアイスこと、別名「シンカンセンスゴクカタイアイス」もGET。

f:id:Bliss_Blink:20170812233308j:plain

車内販売員の方が「少々固いので少し時間を置いてからお召し上がりください。」とおっしゃっていました。

中の人も知ってるとは・・(笑)

この日は真夏らしからぬ涼しい日だったので、冷凍みかん並みにキンキンに冷えて霜をつけたアイスはちょっとハードでした。

一口食べるとフワッと広がる濃厚さに「そうそうコレコレ!」と言いたくなる期待を裏切らない美味しさでした。

ではでは。

結局コレに落ち着いた!SPF50だけど肌に優しい愛用の日焼け止め3つ!

f:id:Bliss_Blink:20170806180522j:plain Photo by Ethan Robertson on Unsplash

「夏まっただ中なのにまだ日焼け止めがSPF25ぐらいのしかない」

「店頭で迷って毎年違うメーカーの日焼け止めを買っている」

「もう30代なのでカピカピに乾燥する日焼け止めは避けたい」

いよいよお盆のバカンスを控え、水着やビーチサンダルやスーツケースは揃えたのに

日焼け止めだけなぜか後回しになってしまいます。

店頭には所狭しと並んでいて、目移りして選ぶのひと苦労しちゃうんですよね。

それに30代になるとそろそろ本気で日焼け対策をしておかないとという焦りもあり、

闇雲に日焼け止めに手を出してみるのですが、今度は肌が荒れてしまったりと段々難しさを感じてきます。

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

シミが出来やすい体質で年がら年中日焼け止めを愛用している私が、

何だかんだ言ってずっと愛用している日焼け止め究極の3つをご紹介します。

【フェイス用】これ1本で夕方まで乾燥しらず

UVエクスペールBB/ランコム


f:id:Bliss_Blink:20170806122337g:plain

UVエクスペールBBはもう何本もリピートしていて、そのつどリニューアルしていますね。

乾燥しない分皮脂で落ちやすいので、オイリーな人はこの時期は特におでこや鼻周りのTゾーンを避けて、

目の周り+Uゾーンのみ限定的に使うことをオススメします。

のびがよく毎日使ってもなかなか減らないコスパ最強の下地なので、今から使っても秋〜冬ぐらいまで余裕で持つ気がします。

SPFですが乾燥を防ぐ化粧下地でもあるので秋冬の時期でも使える貴重な日焼け止めだと思います。

ホント。UVエクスペールってそのくらい持つので、

お値段を見て高いッ!!と思わないでください(笑)。多分来年の夏も使えているはずです。

(注:早めに使い切りましょう!)

同ラインでBBタイプもあり、こちらはグレーがかった乳液にぎょっとしますが、

↓色補正効果もあってパールがかった透明感が出るのでこちらもオススメ。

・・と、某アットコ○メみたいな感想になってしまった!


【からだ用】毎日使う日焼け止めはコレに決まり

雪肌精サンプロテクトエッセンスジェル/コーセー

f:id:Bliss_Blink:20170806123442g:plain

あの雪肌精から出ている日焼け止め。

優しい印象とは裏腹に高いSPF効果なのでなんと「+」が4つも!

日差しが強くなってきた頃からからだ用に使っています。

日焼け止め特有のキシキシするような感触や白浮き、化学臭もなく本当に使いやすい。

しかし水分が多めなせいか汗や皮脂などにちょっと弱い印象があります。

汗をかいたらこまめに塗り直す必要がありそうですが、

普段使いで申し分ない日焼け止めです。

雪肌精のあの可憐な香りが強めに香ります。

これも80gコスパ良くてワンシーズくらい余裕で持ちます。

ちゃんと普通のボディソープで落とせます。


\【リゾート用】海・夏フェス・プールでも絶対焼けない/

資生堂/アネッサパーフェクトUVサンスクリーン

f:id:Bliss_Blink:20170806121140g:plain

夏といえばこのアネッサがズラーッと店頭に並ぶと「夏だな〜」と感じる人は私だけじゃないはず。

定番の日焼け止めですが、長年日焼け止めの王座に君臨してきただけあって品質も安定しているし、

毎年ごとに使い勝手が良くなっている気がします。

いざという屋外に長時間出るときでも朝に塗っておくだけで一日中焼けない。

サラッとした乳液タイプなので、ビーチの砂場でも海水にも負けずカンタンに塗り直しが出来ます。

頼れます。

その代わりに成分もザ・日焼け止めなので多少のきしみ感はありますが、

安価な日焼け止めによくあるプラスチックのような化学臭は全くなく、

毎年やっぱりこのアネッサに落ち着いてしまう・・。

そのくらい定番化している日焼け止めです。

これだけ最強でもボディソープで落とせます。


目的別に使い分けてしっかり紫外線対策

今回は目的別にオススメの日焼け止めを3つご紹介しました。

私も若い頃から色々な日焼け止めを試してきたんですが、やっぱり日本メーカーの化粧品は肌に合いますね。

ずっとリピーターに支持されているものはちゃんと理由がある!と確信しました。

ランコムのUVエクスペールは夏も冬もほぼ毎日使っているほど愛用しているのですが、

肌の負担がなくとても気に入っています。

駆け込んで買う前に参考になれば幸いです。

夏のお出かけを快適にお過ごしください♪

田舎の親が心に持っている「幸せの黄金律」について考えてみる

f:id:Bliss_Blink:20170805130618j:plain

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

夏休み前半は雨天や曇りのスタートとなりました。

夏休みの時期は田舎に帰ろうと車で県道を走らせていると、川の方からバーベキューの良い匂いが漂ってきます。

ちょうどGWぐらいから秋にかけて地元を流れる川は絶好のバーベキュースポットとなり、

毎年多くの家族連れで賑わいます。

夏の始まりとともに川幅いっぱいに広がる観光客を見て、あ〜今年もまたお盆がやってくる〜と思うわけです。

独身にはメンドクサイお盆が始まるよ

身内の「結婚はまだ?」攻撃の背景にある心境

お盆。

子どもの頃は何よりもワクワクする夏の一大イベントだったのは私だけじゃないはずです。

お盆となると親戚一同のいとこや近所の子どもが集まって一日中遊びます。

みんなでゲームやUNOをしていると大人が「スイカできたよ〜」とが大皿いっぱいのスイカを運んでくる。

お墓参りに行った帰りに花火を買い、暗くなるとお待ちかねの花火で遊ぶ─

そんな夏休みのあの一日が思い起こされます。

続きを読む

【日記】ポジティヴな人基準で考えると疲れるよという話。

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

何でも叶っているように見えて、何だか苦労を知らなそうな人がいる。

人生すごく楽しそうで、失敗を恐れず新しいことでも精力的に取り組みいつも「叶って当たり前」といった心意気だ。

いつも「叶って当たり前」だから何でも叶う。

私たちが行ったり来たり躊躇してしまうような新しいことでもポーンと身軽にやれてしまう。

そう言う人は例外なくポジティヴだ。

何でこうも達成力の偏差値が高いんだろうと自分惨めでしょぼくてなさけなくなる。

「イージーモード」とはまさにそんな人のためにあるような言葉だろう。

身も蓋もないことを言ってしまえば、

裕福で何でも周りに揃っている環境に生まれたり、親から褒められて育った人はやっぱり「満ち足りている」状況をよく知っていて、

「足りないところ」よりも「足りている」方に目を向けやすく、

さらには「自分はできる(できて当たり前)と」「自分は何が会っても大丈夫」と自己肯定感が強い印象があると思う。

実際にの人を見てもそう思う。

その逆もまたしかり。

経済的に豊かじゃなく何をするにも我慢を強いられたり、親から何か「あれが足りない」「ここが足りない」と育った人は

「足りないところ」に目を向けやすく、「自分はできない(どうせできない)と自己否定的に陥りがちだ。

もちろん全ての人がそうだとは言わないが。


スーパーマンが書いた本を目指すな

最初から恵まれている人が「人生はいいことだらけです!」「あなたも夢が叶います!」なんて

本なんかで熱く語っているのを見ると、

なんだかな〜と思いませんか?

ああいう人は脳のスペックが違うんだろうな〜と思って適度な距離で見ておいた方が良い。

よくよく見てみればものすごい前向きで

別の業界でも十分成功していただろうな〜と推測できるようなバイタリティ溢れる人だったり、

人となりが魅力的で社交的で「あなただから出来たんでしょ?」と拗ねたくなるような人も多い。

当然その手の人は「私でもできたんです!」と力説するから自分でも出来そうだと錯覚を起こしちゃうけど

話半分で聞いておいた方がいいかもね。

私もあの人のようになりたい。と目標にするのはいいけれど、

変に高〜い目標を立てて、後からなかなか埋まらないギャップに失望してしまった経験は誰でもあるはず・・。

何で私はあの人のようになれないんだ・・私の力が足りないからだ・・

そんなことを考え出したら甘〜い自己嫌悪グセの始まりです。

あなたのせいではなく目指すものが違うだけ。

あの人はあの人のやり方でうまくいっているからと言ってあなたも同じことをする必要はない。


ネガティヴは遺伝と思って自分のせいにしない

ポジティヴかネガティヴかはもう外的環境より生まれつきだと思っている。

父ちゃん母ちゃんの気質を受け継いでいるからどーしょもねえ。

そう思ってさっさと認めた方が良い。

(気質って親からの遺伝だな〜ってみんな薄々気づいているでしょ?)

ポジティヴかネガティブかどうかなんて、くよくよ悩んだところでどうしようもないことなんです。

不毛中の不毛。

アレコレ変えようとするから苦しくなる。

持って生まれた自分の個性と考えてそのまま変えようとしないほうがいい。

「ネガティヴだと損をする」と思わされているから、ネガティヴを何とかしたい、このままじゃいけない。

と苦しくなる。


ちょっとしたことでリバーブローをくらったかのように堪えてしまう、

なにを隠そうド・ネガティヴな私。

鋼の精神力身につけたいと色々なチャレンジをしてきましたが、

無理でした。だって遺伝子レベルで多分ネガティヴだから。

ネガティヴなのはもう遺伝子レベルで組み込まれているので変えるのは無理と諦めました。

その代わり、「ネガティヴでも○○ができる」と認識を変えればいいのです。

そうやって認識を変えたら「ネガティヴだけどスゴイ人」があなたの周りに集まってきます。

そう、引き寄せの法則ならね。(某CM調に)

例えネガティヴであっても、ネガティヴだったら願い事は叶わないとか、

ネガティヴだったら成功しないとか、そんなことはないと、

世に出たネガティヴな人達が証明してくれている。

例えばこんな人とか。栗原類さんは「ネガティヴ」が彼をより一層魅力にしていらっしゃいます。

ネガティヴに考えるそんな自分でもOK。

そう認めてみることから始めてください。

「また悪い方に考えてしまった」とか「何でこんなにネガティヴなんだろう」といつもの反すうが始まったらペンギンを見てみるといい。

彼らはネガティヴとかポジティヴとか何〜も知らない。

ひとときでも忘れていると、実体そのものが怪しくなってくる。

つまりネガティヴとかポジティヴも元々は存在しないんじゃないかな。

ネガティヴとかポジティヴとか気にしているのは人間だけだし。間違いなく。

ではでは。

3分でさくっと分かる!【スーパービュー踊り子号】の知識からえきねっとでの予約まで

f:id:Bliss_Blink:20170730001621g:plain

こんにちは。Bliss(@Bliss_Blink)です。

世間では子ども達は待ちに待った夏休みに入りました。

夏のお出かけプランは決まりましたか?

我が家では以前から行きたかった伊豆の先端にある、下田へ行くべく計画を練りました!

現地までは、東京駅から伊豆まで走っているご存知の特急「踊り子号」に乗っていくことにしました。

・・え?車じゃないのかって?

首都圏から伊豆へ向かう特急といえば「踊り子号」一択でしょ!

伊豆は遠いけど・・踊り子号でラクチン

実はね、私は運転が苦手でして・・長距離を走れる大きな車も持っていないので旅行はもっぱら電車が多いんです。

電車は面倒くさいなんていう人がいますが、それはもったいない。

いいですか、旅行の時こそ絶対電車をおススメしますよ。

車窓から見る風景、駅の雰囲気、などなど「異国に来てんぞ〜!(国内だが)」という気持ちになれるんですよ。

それは車でも「道の駅」に行けば同じ雰囲気を味わうかもしれませんが、

電車の旅は別格です。

続きを読む